足はなぜ臭くなるのでしょうか?対策は、靴にも靴下にもあります。

靴を脱いだ瞬間の足の臭いがくさい!!

靴を脱いだとたん、鼻までむっと押し寄せてくる足の臭い何日もお風呂に入らないときの発酵した、すえた香りに似た芳香。

床を歩いた後の靴下の足跡からも臭います。

それも子供から大人、OL、おじさんまで臭います。気を付けていても、足のにおいは万人に平等にあります。

格差はありません。あるとしたら、においの原因に対する対処法でしょう。

それは清潔にすることにつきます。

においの原因は、人の皮層上で起こる発酵過程によるものです。

人体のなかでもエクリン腺(汗腺)が多く、汗をかきやすいといわれるのが足の裏です。

この汗により足の裏の環境は、微生物が活動するのに丁度よい適温適湿度下へと変化します。

そして足の裏の垢などをエサに繁殖し、活動はより活発化します。

そして、におい大発生へと至るのです。

エクリン腺からの汗は、約99%が水分で、約1%が塩分です。

ワキなどの局部に集中して体臭の原因となる、アポクリン腺からでる汗のように栄養価が高くありません。

よって、においの質が異なります。

足の裏は汗をかきやすいために湿度が最適化しやすく、靴や靴下によって温められ、足の垢などをエサに微生物が活発化するという、3つの条件が揃う絶好の場所のため、酪酸(らくさん)臭(蒸れた発酵臭)が出やすいのです。

このにおいの連鎖をたち切るためには、まず①足を清潔に保つ。微生物のエサとなる垢を取り、こまめに洗いましょう。

においが染み付く前に、足の裏やかかと、指の角質層を削りましょう。

このときに、削りすぎて血がでないように注意してください。

心配な場合は、リフレクソロジ-や足のエステを行っているところでケアしてもらいましょう。

ふんわりした皮層の足にしてくれます。

靴と靴下は、毎日履き替えるようにしましょう。

靴下は、毎回履き替えます。

そしてできれば靴も履き替えるのがベストです。

一度においが付いた靴からは、そのにおいが取れにくいため、ふたたび履く前に消毒しておくのも手でしょう。

そして、②蒸れないように、ときどき靴を脱いで足の裏を乾燥させる

以上が足周りのにおいを防ぐ方法です。

次に、足の裏の汗による対処方法を考えましょう。

足の裏の汗は、大きく3種類に分けられます。

足のにおいは、通気性を良くすれば改善できる。

運動をするなどして動いたり、暑かったりしたときに体温を維持するためにでる汗で、これを温熱性発汗といいます。

これには、靴を脱いで足を乾燥させるとともに、汗を吸った靴下をこまめに変えて対処しましょう。

次は食後の汗で、これを味覚性発汗といいます。

熱いものや辛いものなどの刺激物を食べたときに、額や鼻などにかきますね。

こうした食事を控えることも予防の1つですが、熱いものを夏に食べることは、冷やしがちな夏場の体調を整える作用もありますので、あまり気にしないほうがよいでしょう。

刺激物は控えめにして、汗の出方を見て考えましょう。

最後にストレス性の汗で、精神性発汗といいます。

ウソ発見器の原形です。

精神的に追いつめられると、「手に汗握る」などといいますね。

階段を降りるときに1段踏みはずしたときの冷や汗。

ほかに、緊張するなどのストレス状況下でも、足の裏に汗をかきやすいようです。

働く人には、これが一番難しいかもしれませが、できるだけストレス下に自分を置かないようにすることが肝要です。

また、ストレスを感じたなと思ったら、靴を脱いで乾燥させるなどの対応はできそうですね。

これらの「汗の種類」や「汗をかく条件」に留意した対策を心がけましょう。

冬場の足のニオイ対策

冬場の足のにおいですが、寒さから靴下を何枚も重ねて履いたり、足の裏の換気をせずに靴を履き続けることで、冬は足の蒸れる度合いが夏よりも強まります。

それによるにおいの上昇は、確実にありますので、冬は夏場以上に汗対策には配慮したほうがよさそうです。

特に最近のファッションとして、年間をとおしてブーツを履く女性が増えています。

時々靴を脱いで、靴や靴下、足を換気させるのがベターです。

>>足のニオイを柿渋石けんで落とした実験結果はこちら

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする