足がにおう原因はここにあった!加齢臭にも負けない足臭の対策方法

足のにおいの原因

一日中歩き回った日の後に靴下を脱いだ時の足の臭いは、蒸れた独特の臭いがします。

足の臭いの原因は、そのほとんどが靴に原因があると言われています。

足は汗腺が集中していて、緊張したりすると汗をかきやすい場所です。手も同じように汗をかきやすい部位ですが、外気に接しているため、蒸れるような臭いはしません。

しかし、足は汗がたくさん出る場所であるにもかかわらず、常に靴下や靴で密閉されているので汗がこもり、靴の中を高温、高湿度にします。

高温、高湿度になった靴の中では雑菌が繁殖し、におい物質を生産しています。

その結果、足のにおいが強烈になってしまいます。

また、足の裏には、脇の下のようなアポクリン腺はありません。

その代わりに足のにおいの元となるのが、アンモニア、酢酸をはじめとした物質で、イソ吉草酸(きっそうさん)が主となっています。

イソ吉草酸は、ごく微量でも強いにおいを発します。

また、イソ吉草酸は一度発生するとなかなかにおいが無くならないという性質を持っています。この分泌量は、遺伝の要素が多いと言われています。

足の臭い対策

汗にイソ吉草酸(イソきっそうさん)が多く含まれている体質の人ほど足がにおいます。このイソ吉草酸はしっかり洗って落とさないと、角質層に定着していきます。

しみ込んでしまった臭いは、表面を洗ったぐらいでは取れません。

足の臭い対策の基本は、イソ吉草酸を角質層に定着させないことと、足の清潔さを保つことが基本となります。

足の洗い方

イソ吉草酸を落とす洗い方の基本は2つです。
1 足の指のあいだまで洗う。
2 足の爪のあいだを洗う。

指のあいだは、垢や汚れがたまりやすく、入浴時でもおなざりな洗い方になりがちです。

基本的な洗い方、指1本1本広げるように伸ばしながら、指のあいだを泡で包み洗いして下さい。

この時、爪の先や、爪と周囲の皮膚のあいだの、指の裏側もしっかりと洗って下さい。

足の臭いの強い人は、柔らかい毛の歯ブラシなどで洗うのも効果的です。

人によっては、洗うときにシャンプーを使うと、足のにおいを予防しやすくなります。

一度試してみるのもいいかと思います。

>>足のニオイに関する実験とレポートは、こちらをご覧下さい。

足浴で定着したにおいを除去

角質に染み込んでしまったにおいには、酢を使った足浴が効果があります。

足の汚れを落とした後、大きめの洗面器にやや熱めのお湯をはり、大さじ3杯程度の酢を入れて足をひたします。

酢に含まれるクエン酸には、細菌の繁殖を抑える効果があります。

足の湿り気は、雑菌を繁殖させる原因となるので、足を洗った後は、指のあいだから爪の周囲まで水分をよく拭き取り乾燥させましょう。

また、洗いすぎや乾燥でかかとなどが角質化している人は、要注意です。

角質に汚れが入り込み、においの元になってしまうので、保湿クリームなどでなめらなか皮膚にしておくことが大切です。

靴下の臭い対策

足のにおいが付いた靴下は、臭い下着の代表格です。

靴を一日中履いた人の足についた雑菌が靴下に付着し、においを発します。

このような強い臭いを発する靴下の悪臭と汚れを落とすには、重曹が効果的です。

重曹の正式名称は、「炭酸水素ナトリウム」です。

重曹は、パンやケーキのふくらし粉やキッチンの汚れ落としとして使われています。入手は簡単で、スーパーやドラッグストアで買い求められます。

その使い方は、洗濯機の中に規定量の洗濯用石鹸と、その10倍量の重曹を入れて洗濯します。

においが取れるメカニズムは、重曹の弱アルカリ性が酸性物質である靴下の臭いを中和し、消臭作用として働きます。

ただし、この方法は、皮脂と汗を落とすための方法であり、アルカリ成分を含んだ汚れに対しては、効果が半減します。

洗濯が面倒な方は、消臭効果のある「高性能消臭ソックス」なども販売されているので試してみても良いと思います。

一日中履いた靴も、足の臭いを気にせず、人前で脱げるようになる消臭靴下はこちら

↓↓↓

急なお座敷での接待に対する足のにおい対策

接待や宴会の席で、最近は靴を脱いでの居酒屋などが増えてきました。

靴を脱いでゆったりというものですが、どうしても靴下を履いた状態にならなければいけません。

その時に、足の臭いや靴下のにおいが気になりますよね。

普通、宴会はほとんどの場合、夜が多いですよね。一日中靴を履いていたので、足や靴下には雑菌やにおいの元がたくさん付いています。

足の臭い対策は、足を洗うことですが、接待などの前に、そう簡単に洗うことはできません。

ここでは、あくまで緊急時の対応として次を試して下さい。

1 靴下を履きかえる。
2 デオドラントスプレーを靴下の上からかける。

靴下は汗をたっぷり含んでいるにおいの元です。これを交換することで、においは半分以上減るはずです。

また、靴下を履き替える時に、ウェットティッシュでサッと指のあいだを拭うと更に効果が上がります。

靴下の交換ができなければ、デオドラントスプレーでシュッとすれば、その場はしのげます。

スプレーの種類は、脇用スプレーで十分です。香料入りは、少し臭いが目立つかもしれないので、無香料が良いと思います。

しかし、これらの方法はあくまで緊急時の方法ですので、毎日の足のケアには手をかけて頂きたいと思います。

毎日の足臭のケアに使いたい薬用石鹸はこちら>>気になる足の臭いに「アニセ薬用石鹸」公式サイトはコチラ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする