加齢臭用ボディソープで加齢臭の原因物質をとことん対策

年齢とともに気になるのは、加齢臭です。

毛穴に詰まった皮脂や角質が酸化しノネナールと言う物質が発生することで、周囲に嫌な臭いを漂わせてしまいます。これが加齢臭です。

他にもアポクリン腺やエクリン腺から出る脂質やタンパク質などの物質が、雑菌により肌の表面上で分解されるのも加齢臭の原因です。

自分では気付きにくい加齢臭の対策をするなら、気軽にできるのは、やはりボディソープですね。

ボディソープは泡立ちが良く、シャワーを浴びるときの使い勝手も抜群です。

汗をかきやすい暑い季節も朝と夜にボディソープを使って丁寧に身体を洗っていれば、臭いの元となる物質を取り除くことができるでしょう。

最近では、加齢臭対策を前面に押し出したボディソープも販売されているので、臭いが気になるなら使ってみるのがベストです。

しかし、ドラッグストアなどの店頭でたくさんのボディソープが並んでいると、どれが原因物質を除去できる商品かわかりにくいですよね。

加齢臭対策のボディソープを選ぶポイントは、含まれている成分です。

例えば臭いの原因物質であるノネナールを除去できる消臭成分が入っていると、効果は高く加齢臭は気にならなくなるでしょう。

特に有効とされる消臭成分は、柿タンニンと茶葉エキスで、これらが含まれていれば高い効果を期待できます。

加齢臭ボディソープでの注意点

ボディソープの注意点として、臭いの原因物質を除去できても、着色料や界面活性剤が含まれている商品は避けるべきです。

化学的な成分が含まれているポディソープを使うと、敏感肌の人は特にダメージを受けやすくなります。

肌の状態を守るためにも、添加物は一切使用していない商品を選ぶのが良いでしょう。

また一見すると加齢臭対策に良いと考えがちな洗浄力が高い商品も、肌を乾燥させ皮脂を不必要に分泌させる原因になります。

皮脂の分泌量が増えれば加齢臭の原因物質であるノネナールも増えるので、洗浄力が高いメンソール系やアルコール系のボディソープは、対策としては逆効果になるので注意が必要です。

>>加齢臭の元、ノネナールを根本から除去するDEORA(デオラ)はこちら

加齢臭をメントールで対策、中年おじさんのための裏ワザ

加齢臭対策の裏ワザとして、メントールが効果的です。

メントールとはハッカのような香りを持った成分で、肌に馴染ませるとスースーするような感じがしますよね。

すっきりとした強い香りを持つことから、加齢臭の対策にはうってつけと言えます。

また、加齢臭は一体どこから臭うのかというと、耳の裏側にあるアポクリン汗腺も原因の一部です。

アポクリン汗腺は一般的な汗腺とは異なり、臭いを生じる汗を発生させるのが特徴です。

食生活の乱れや運動不足が原因で汗が発生されやすく、べたつきがあります。

このアポクリン汗腺が耳の裏側に集中していることから、加齢臭は耳のあたりから発生すると考えられます。

加齢臭を緩和させるために、メントールを耳の裏側に使用する。

メントールを具体的に使用する方法として、次のようにしてケアを行うと良いでしょう。

①耳を丁寧に洗って清潔に保つ。

②ガーゼにメントールを染み込ませ、耳の裏側を中心に拭く。

たったこれだけでケアは完了です。

メントールは、ドラッグストアや薬局などで販売されており、ボトルに入ったものを購入することができます。

これを100均などで販売されているスプレー容器に入れ替え、ガーゼに噴出するようにして使うと簡単です。

加齢臭の原因はアポクリン汗腺から発生する汗であるため、これをしっかりと拭き取り、発生部分を清潔な状態に保つことが重要です。

メントールを使用すれば、手っ取り早く簡単なケアを行うことができます。

加齢臭を根本から防ぐ努力も必要になってきます。

日頃の食生活など生活習慣を見直し、適度な運動を心がけます。

また、入浴の際などに耳を丁寧に洗い、衛生的に保つよう心がけることも大切です。

これらを行った上でメントールを使用すると、より効果の高い臭い対策が行えます。

なお、メントールの使用は、朝会社に行く前に行うのと、時間があれば定期的に使用し直すようにしましょう。

加齢臭対策!消臭スプレーの効果とアドバイス

加齢臭は、夕方になるほどに強くなり、同じ部屋にいる人が臭いと感じるようになってしまいます。

加齢臭対策は体をきれいにすることだけではなく、他にも効果的なことがあります。

アドバイスとしてはまず、加齢臭が強くなりやすい頭髪や後頭部、首、そして特に耳の後ろを清潔に洗うことです。

加齢臭対策として販売している専用の石けん、ボディシャンプーがあります。泡をよく立てて洗います。

朝に入浴すると、その消臭効果は夕方までも持続するので良いです。

それから、朝に、着る衣服に直接消臭スプレーをかけることです。制汗スプレーではなく、消臭スプレーを使うことが大切です。

消臭スプレーの効果は、制汗スプレーとは違って加齢臭に直接働きます。

帰ってから、一日着ていた衣服にもかけておくと効果的です。

消臭スプレー注意点

消臭スプレーは、人がたくさんいるところで着ている人の衣服に吹きかけるのは、本人のプライドにも影響しますから、家庭内で行っておきましょう。

職場などでは、消臭剤のボトルを部屋に置いておくとその代わりにもなります。

加齢臭は決して他人事ではなく、誰しも年齢と共に起きてくる可能性があります。

加齢臭は、本人は気付きにくいものですから家族が気付づいてあげてケアのアドバイスをしてあげるのが-番です。

気にしすぎてお風呂でゴシゴシ洗いすぎたり、芳香剤等でごまかそうとすると、かえって変な臭いになってしまうことも多いので、そういうお年頃になって来たら専用のもので対処をするのが一番です。

こういうことは、家族が一番の味方でしょうね。

本人が気付いていないようなら、優しく言ってあげましょう。

臭いの素になるのは食べ物もあります。臭いの強いものはあまり食べないようにするか、食べた後ににおい消しになるものを使うかして対処を心がけると良いです。

臭いの強いものを食べたほうが元気が出て、力も付きやすいですが、特に仕事中は控えたほうがよいでしょう。

加齢臭の原因はどれ?運動不足の人は要注意!ボディソープで加齢臭対策

40歳を過ぎると多くの人にみられる加齢臭は、メカニズムを知ることで対策の手を打つことが可能です。

特有の臭いを放つ原因物質は、脂肪酸が過酸化脂質により分解や酸化することで発生します。

若い頃はこうした働きがある程度食い止められるのですが、加齢とともに衰えるのが通例です。

ではなぜ個人差があるかというと生活習慣によって発生を抑制することができるからです。

例えば、運動不足の人は加齢臭も強まる傾向にあることが知られています。これは原因となる脂肪酸の分泌が進んでしまうからです。

肉類やアルコールなどを好んで飲食する人は、体内に脂質が溜まりがちになります。運動不足の状態が続けば上手に処理することができないため悪影響は避けられません。

皮膚の内部から脂肪酸が活発に分泌されるのも、こうした理由によるものです。

過酸化脂質はストレスによって増大してしまいます。

不規則なライフスタイルや乱れた食生活は、多くの社会人が抱える問題です。

それを解消するためには適度な運動が欠かせませんが実行できる人は限られています。つまり加齢臭とは現代病と言っても過言ではないのです。

古来より使わる和食は、動物性脂肪が少なく、結果的に原因物質の発生も少なくて済みました。

これが日本人は、欧米よりも体臭が軽いと言われる一因です。

しかし、現代人の食生活は海外化が進んでおり、体臭悪化は誰の身にも起こり得る事態となっています。

そこへ運動不足が加わるのですから、放置すれば臭くなってしまうのは当然です。

食生活や生活習慣の改善に加えて、加齢臭専用のボディソープも人気が出てきました。

これは、汚れや余分な皮質をしっかり落としてくれるだけでなく、原因物質にもアプローチしてくれるからです。

毎日の入浴時に使うだけですから時間がなくて運動不足になりがちな人にもありがたい存在です。特に加齢臭が発生しやすい耳の裏などには、きちんと専用ボディソープによる洗浄を心掛けていきましょう。

>>加齢臭の元、ノネナールを根本から除去するDEORA(デオラ)はこちら

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする