加齢臭も判定できる?臭いを判定する臭気判定士という資格について

臭気判定士が判定できる臭いについて臭気判定士が判定する主な臭気は、工場や飲食店等の営利を目的とした施設からの排気臭を判定することが主な業務です。

ですから、残念ながら人から発する「加齢臭」を判定するということはできないようです。

しかし、マンダム(株)では、実際に臭気判定士が脇の下のにおいを嗅いで、ワキガ対策の研究を行っています。

国家資格でもある判定士は、臭いに関するプロであることは確かですね。

臭気判定士について

臭いを測定するには、分析機器による測定法と人の哩覚を使用して測定する嗅覚測定法の二通りがあります。

臭気判定士(臭気測定業務従事者)とは、嗅覚測定法を実施するための資格で、パネルの選定、試料の採取、試験の実施、結果の求め方までを統括する臭気環境分野で初めての国家資格です。

所轄官庁は環境省となっています。全国で年間24,000件以上も悪臭苦情が発生しています。

この悪臭苦情を解決するために、工場、事業所からの臭いを測定するのが主な仕事のようです。

自治体からの委託を受けて、臭いを判定するためには、この臭気判定士の資格がどうしても必要ななるわけです。

悪臭苦情が年間、24,000件以上というのもかなりの数字ですね。

一日にすると65件ぐらいになります。この苦情に対してどのように対処しているのか気になるところです。

人間の嗅覚を使う嗅覚測定法とは、どのような測定法なのでしょうか?

そもそも悪臭苦情も法律で定められているようです。悪臭を発生させる22種類の特定悪臭物質があります。

また、最近ではこれら特定悪臭物質からの臭いだけを規制するだけでは、苦情を解決することができない場合があります。

そこで人が臭いを感じなくなるまで薄めた(希釈した)倍数(臭気濃度)で臭いの強さを判定する方法が「嗅覚測定法」と言われています。

最近では、分析機器で測るよりも、人間の嘆覚で測定する哩覚測定法が主流となってきています。

また、嗅覚測定法は、脱臭装置の効果判定や工場の環境管理などにも活用されています。

臭気判定士の主な仕事内容

世界的に環境保全の必要性が高まりつつある現代で、委託測定などの分析を行う、分析サービス業からの判定士が最も多くなっています。

また、最近では、ISO14001の取得に取り組む企業が、自主的な環境管理のために資格を取得するケースも増加しているようです。

臭気判定士の資格取得条件等

・資格取得の条件年齢:18歳以上(学歴、実務経験は問いません)

・筆記試験に合格した者

・嗅覚検査に合格した者

・資格取得の方法筆記試験の合格証と嘆覚検査の合格証とを免状申請書に添えて申請します。

嗅覚検査は、嗅覚が正常であることを判定するので、特に鋭敏である必要はなく、筆記試験の前後どちらに受検しても構いません。(先に嗅覚検査を受検して合格しておくのも手かもしれませんね。)

筆記試験には、臭いに関する基礎的な知識、嗅覚測定法、人間の嗅覚生理に関する知識、測定結果のまとめに必要な統計学や、悪臭防止行政に閏する臭気対策に関する知識等幅広く要求されていて、まったくの素人の人が受験するのは、ハードルが高いかもしれませんね。

基礎的なことから学びたい方は、臭気判定技術講習会が年4回ほど実施されているので、こちらを受講するのも対策の一つと言って良いでしょう。

受験者の統計を見ると、独学で勉強された方と、講習会を受講して勉強される方の割合は半分ずつくらいのようです。

臭気判定士試験の試験概要と難易度

・筆記試験:択一式、数値回答
・嗅覚検査
・試験場所:東京、名古屋、大阪
・試験日程:11月中旬
・申込期間:6月中旬~7月中旬
・合格発表:12月中旬
・受験料:筆記試験:18,000円 嗅覚検査:8,000円
・合格率と難易度
年  度    受験者数     合格率
2016年     590人   29%
2015年   612人   22%
2014年   611人   21%
2013年   571人   31%
2012年   574人   26%
2011年   567人   21%
2010年   577人   35%
2009年   609人   21%
2008年   607人   37%

毎年20%以上の方が合格しているので、比較的合格率は高い方かもしれませんね。

全般的には、「普通」レベルと考えていいでしょう。

臭気判定士はどのような仕事をしているのでしょうか。

工場や飲食店等の営利を目的とする施設からの排気臭が、悪臭防止法で定められている規制値をオーバーしていないかどうかを測定するオペレーター役が、主に臭気判定士の仕事です。

その規制値は、複合臭という臭気指数となっていて、6名のパネル(臭気の有無を判定する人)が臭いを嘆いで数値を算出していくという方法がとられています。

この方法を三点比較式臭袋法といいます。

三点比較式臭袋法とはどのような方法?

臭気濃度の判定を行なうために用いられている官能試験法のひとつです。

3個の臭い袋を用意し、2個には無臭の、1個には採取した臭気を入れてパネルにより臭気の有無を判定する方法です。

ひととおりのパネルが着臭空気を判定できなくなるまで希釈することによって、臭気濃度を計量する方法です。

臭気判定士の収入は、どうなっているのでしょうか?

現実の問題として、収入に関しては、臭気判定士だけの業務で生活できるかというと、それは難しいと思われます。

臭気測定を請け負ったとしても、1検体数万円程度と言われていて(請負金額については、企業や条件に応じて変動します。)

しかもこの測定は、全ての事業所に命じられているわけではなく、悪臭苦情があった場合にのみ測定をする事になっているという、有事法という事になっています。

ですから、積極的に臭いを探して調査するというより、臭いに関する苦情があるので対処するという考え方なのです。

今後は、臭気判定士の臭いに関する知識や嗅覚を活かした臭気調査、異臭発生源調査、コンサルティングの事業を拡大していこうという会社も増えてきています。

>>臭気判定士が判定する加齢臭をや体臭の詳しい記事はこちら

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする