加齢臭には、肥満、メタボ、脂肪との密接な関係がありました。

肥満、メタボは、加齢臭の元になります。

誰でも年齢を重ねると加齢臭は、誰でも起こるものです。

ですから特段恥じることはないですが、だからと言って「仕方のないこと」と妥協することもありません。

加齢臭対策は、需要ですが、簡単に消すことも出来るからです。

年齢を重ねると運動不足、喫煙など生活習慣が乱れていると加齢臭が発生しやすくなります。

その中でも肥満、メタボと加齢臭は、重要な関係にあります。

生活習慣に問題があれば、皮脂を分泌する皮脂腺で分解される脂肪分が増える。

皮脂が分泌されやすくなると、加齢臭の元となる「ノネナール」という臭い成分が形成されやすくなります。

このノネナールによって、においが発生することになります。

また、不摂生を重ねることは、肥満や生活習慣病の元になると言われますが、臭いについても悪い影響を与えます。

例えば次の項目は、肥満の原因になると言われています。

・肉類や脂っこい食べ物が好き。
・野菜や果物を摂らない。
・満腹まで食べる。
・喫煙する。
・お酒が大好きでよく飲む。
・不規則な生活
・過労や睡眠不足が多い。
・運動不足になっている。
・便秘ぎみ。

これらが多いほど、肥満になりやすいと言えます。

また、同時に加齢臭も発生しやすくなっています。

加齢臭の原因であるノネナールを発生させにようにするためには、やはり体の内部からの対策が必要です。

中年以降は、草食系を目指しましょう。

最近の風潮として、「草食系」とは、「控えめな男性、少しなよなよ」というイメージで使われています。

しかし、中年以降になると、草食系がお勧めです。

ここで言う草食系とは、「おとなしい」ということではなく、「野菜を多く食べて、体をいたわる」という意味です。

加齢臭の元となるノネナール対策には、毎日の食事に注意することが基本です。

そこで、においをつくらない食事が重要になります。

それは、抗酸化作用のある食材と、脂肪の摂取を抑えるということがポイントとなります。

抗酸化作用のある食べ物の代表的なものが、ビタミンCやビタミンEを豊富に含む野菜や果物です。

ビタミンC、ビタミンE以外でも抗酸化作用のあるものは、ポリフェノール(赤ワイン)、ベータカロチン(人参)、カテキン(緑茶)、イソフラボン(大豆)、セサミノール(ゴマ)などがあります。

また、レバーなどに含まれる鉄やショウガに多く含まれるマンガン、牡堀や煮干しに含まれている亜鉛などのミネラルを摂取すると抗酸化作用が倍増します。

まず、抗酸化作用のある食品を多く摂る。

そして脂肪の多い食品の摂取を控える。

この二つを実行することで、加齢臭の改善には効果がでるはずです。

外食、飲み会が多いサラリーマンの対策

さて、抗酸化作用の食事を多くしましょうと言っても、現実は厳しい時もありますよね。

そこで、外食時に気を付けることは、とにかく和食を摂ることを心がけることです。

和食には、抗酸化作用のある食材が多く使われているからです。

そして、メニューですが、味噌や豆腐などの大豆製品があれば、これは必須のメニューです。

宴会や飲み会での肉類は要注意です!

次に気を付けるのが、肉類を食べるのは少なめにしましょう。

肉類は、脂肪酸の分泌を高め、加齢臭の発生原因を作ります。

宴会のや飲み会では肉類は外せない一品ですが、できるだけ「少なめ」を心がけましょう。

野菜類や薬味のワサビ、ショウガ、ゴマ、ネギ、大根おろし、ゆずなどが提供されたら必ずとりましょう。

野菜や薬味は、それぞれの食品が胃液の分泌を高め、血液を浄化するので、結果的にはニオイを抑えることにつながります。

そして最後のデザートには、ぜひ果物を摂って頂きたいですね。

果物には、野菜と同じ抗酸化作用のあるものが多いですから。

こうして見ると、宴会や飲み会でも、ちょっと気を付ければニオイを減らす食べ物を探すことができます。

管理人も年齢的なものもありますが、野菜や果物は多めに摂るように気を付けています。

>>加齢臭を元から洗い落とすボディソープ「DEORA」(デオラ)の紹介はこちら。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする