加齢臭がついた衣類の洗濯方法や洗剤、柔軟剤などについて

服のにおいのチェック

体から発するにおいをチェックしてきましたが、自分の服はどうでしょうか?

加齢臭や体臭ではなく、服がにおいを発していることがあります。

体臭や汗が服に付着し、服の繊維が雑菌のえさとなり増殖し、においを発します。

季節としては夏より冬の方がにおいがきつくります。

冬は衣類を重ねて保湿するため、保温のため通気性が悪くなり、汗が長時間皮膚に留まることになります。

また、夏の汗より冬の汗は、アンモニアや皮質を多く含む「濃い汗」をかくため、衣類に染み込むにおいも、ますます強くなります。

洗濯をしても、残るにおいがあります。

これは、モラクセラ菌という雑菌が影響ているからです。

モラクセラ菌は、繊維の奥に残り、人が着ている間もたんすにしまった後もにおいが発していることがわかっています。

洗濯が終わってすぐに干さずにいたり、生乾きのままでしまい込んだり、洗濯機の中が汚れていたりすると、湿気によって雑菌が繁殖します。

これらの雑菌が、衣類にしみ込み臭いを発生させるのです。

衣類の消臭方法

あれこれ選んでいても臭いは取れません。正しい洗剤選びとは?

衣類に臭いには、自分の体から出るにおいと、外から付くにおいとの、2つに分類できます。

臭いの分子は衣類の繊維にくっつきやすいという特徴があり、飲食店に行けば食べ物のにおいが、満員電車で隣の人と密着していればその人の臭いが付いてしまうというように、においは簡単に移っていきます。

臭いを落とす洗剤は、汚れにポイントを置いたものと、加齢臭の元となる汗と皮脂を落とす洗剤とは少し用途が分かれます。

・洗濯用合成洗剤
一般的な洗剤で、弱アルカリ性、木綿・麻に適していて、皮脂や油などの油性の汚れ、垢や泥汚れにも強く、繊維の奥深くに入り込んだ汚れを落とします。

中性洗剤は、ウールやシルクなどのデリケートな素材に適しています。

油性の汚れなどには弱く、汗汚れは落とす程度です。

・洗濯用石鹸
天然の植物性油脂を原料としてる弱アルカリ性です。

洗濯用として粉末タイプ、液体タイプ、部分汚れ用の固形タイプがあります。

これらの石鹸を使い、臭いを落とすわけですが、その効果を最大限に引き出すのが、お湯です。衣類の素材によっても最適の温度はかわりますが、お湯と洗剤が合わさると落ちやすくなります。

加齢臭の元となる皮脂や油汚れは、洗剤の持つ洗浄力を最大限に引き出す30~40度程度のお湯で洗うのが効果的で、結果として消臭の効果がアップします。

しつこい加齢臭のついた衣類のお手入れについて

下着・肌着の油くささはつけ置き洗いで消しましょう

下着、肌着、靴下は直接肌に触れるため、その分汗や皮脂を吸いやすく、いくら洗濯してもにおいが、なかなか取れない衣類です。

肌着のにおいの元は、脂臭とミルクやココナッツに似たラクトンのにおいの混ざった複合臭と言えます。

このにおいは、体から分泌される皮脂であることがわかっています。

この皮脂を集中的に落とせば、下着などのにおいは消えていきます。

下着などの洗濯方法も基本は、お湯です。下着などは、洗剤を入れたお湯につけ置き洗いをすると更に効果が上がります。

温度は、30~40度程度で20分ほど洗剤液につけておき、その後、通常の洗濯をすればよいです。

Yシャツの襟の黒ずみと臭いを無くすお手入れの方法

Yシャツを繰り返し着ていると、襟と袖口には黒ずんだ汚れが目立つようになり、脂くさくなってきます。

Yシャツの汚れは、その素材にあります。

最近のYシャツは、ほとんどが綿とポリエステルの混紡タイプです。

ポリエステルは、シワになりにくいですが、汚れを吸着するという性質があります。

そのため、通常の洗濯で汚れと臭いが落としきれず、その状態でまた着用し、また汚れるということが繰り返され、においと黒ずみが発生します。

すなわち、Yシャツは一回の洗濯でしっかりと汚れを落としきる必要があるということです。

そこで、汚れは酸性なので、黒ずみ部分にアルカリ性である固形石鹸をこすりつけ、洗濯用ブラシなどでこすってから、通常の洗濯をするというわけです。

Yシャツも丁寧に毎日洗濯するのも大変ですから、3回に1回は丁寧に洗うようにしましょう。

タオル類のお手入れ

タオルの変色は酵母が原因

タオルのにおいと変色は、落としきれなかった汚れをエサに、最近や酵母が繁殖することで起こります。

タオルは水のある所で使われるので湿った状態が多いですから、雑菌が繁殖しやすい環境です。

タオルの臭いを付けないためには、次のことに注意してタオルを扱いましょう。

1 使ったタオルはできるだけ早く洗濯する。
2 洗濯後は速く干す。
3 干した後は、乾いた場所に保管する。

タオルに臭い付けないコツは、早く洗う、よくすすぐ、しっかり乾かすことがポイントです。

加齢臭の元、ノネナールを除去するボディソープで、衣類に臭いが付くのを防止できます。

>>ノネナールを落とすボディソープ「DEORA」(デオラ)はこちら。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする