加齢臭を覆う香水を試してみましょう。

香水は人のにおいを覆い隠す一つの方法です。

香水をうまく利用して加齢臭をコントロールしましょう。

においを絶つのではなく、においと共存するという考え方ですね。

香水を使うとにおいはどうなるの?

もともと香水には、体臭を消す効果はありません。

しかし、上手に使えば体臭を隠すことはできます。

しかし、使いすぎてしまうと回りの人に不快な思いをさせてしまいます。

香水の使用に関して、その種類や特性を把握しておくことが大切です。

結果的に、香水を使うと体臭、においは香水に隠れてわからなくなります。

あくまで香水は、二次的なものと理解しておきましょう。

香水の種類

香水には大きく分けて4種類あり、香りの持続時間と使用量が違います。

・バルファム・・香りの持続時間5時間~半日(使用量は1滴)
・オードバルファム・・香りの持続時間約5時間(使用量は3cm線を引く程度)
・オードトアレ・・香りの持続約3時間(使用量は3~4か所に1プッシュずつ)
・オーデコロン・・香りの持続約2時間(使用量は10cmほど離して噴き付ける)

持続時間をよく確認して、つけ直しをする時は、持続時間を過ぎてからつけるようにしましょう。

また、香水の特徴として、香水は温められると香りが強よくなり、下から上に香ってくるという特徴があります。

ですから、足首や膝の内側、ももの内側などウエストより下につけるのがお勧めです。

手首や耳の後ろなどにつける場合は、少量にしておくこともポイントです。

男性には、手首の内側、耳の後ろ、ウエストなどにつけるのが適当です。

肌に直接付けることができない場合などは、ジャケットやネクタイの裏に付けたり、ハンカチに染み込ませたり、カバンや本、名刺などに付けたりとさりげなく香るテクニック、工夫が大事です。

ここで注意しておきたいのが、香水を直接付けてはいけない箇所があります。

汗をかきやすい脇や首筋への香水は、控えた方がよいでしょう。

香水には、デオドラント効果はないので、汗腺が多い所につけると、汗と香水のニオイが混じってしまって悪臭になる場合があるからです。

ここでの注意点は、肌に直接香水をつける場合は、肌を清潔にしておいて下さい。

また、香水をつけすぎてしまった場合は、シャワーなどの水で洗い流すのが基本ですが、時間が無い場合などは、アルコール液で拭いて石鹸で少しこすれば、香りを少し落とすことができます。

香水にも匹敵するデオドラント商品でにおい対策

汗のにおいは、香水による効果に頼ることなく、デオドラント商品で消臭効果が十分なこともあります。

特に脇の下のにおいには効果的です。

ドラッグストアなどで簡単に手に入るものとして、汗を抑える「制汗作用」、においをとる「消臭作用」、最近の数を減らす「殺菌作用」などをバランスよく組み合わせたタイプが主流となっています。

また、それぞれの効果に特化した商品も販売されているので、「汗をかきやすい体質だから、汗をしっかり抑えたい」人は、制汗作用に優れた商品を選ぶこともできるので、目的に合ったタイプを選ぶのがよいでしょう。

ドラッグストアの薬剤師に尋ねるのもいいでしょうね。

デオドラント商品のタイプ

デオドラント商品にも、それぞれタイプがあります。

シュッと吹き付けるスプレータイプ、脇の下に塗りつけるロールオンタイプ、直接塗るペーストタイプなどがあります。

スプレータイプは使った時に清涼感があり、ロールオンタイプとペーストタイプは、効果が長持ちするといった特長があります。

なお、脇毛を処理していない人は、スプレータイプでは、毛に邪魔されて成分が皮膚まで到達しないので、効果が出にくいので、塗るタイプが適していると言えます。

このように自分の体質や生活パターンに合わせて使い分けることにより、においを効果的に抑制できるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする