口臭の原因とその対策、胃腸などの病気が原因の口臭の種類などを紹介

加齢臭対策は、いろいろと紹介してきましたが、我々の身近にあるのが口臭です。

自分でも気付かない口臭は、口臭チェックをするのにもコツがいります。

人からはなかなか指摘されないと思いますし、こちらも、わかっていても人には指摘できるものではありません。

口臭の種類と対策

口臭の種類には、次の2種類があると考えられています。
1 口の中からの臭い
2 内臓(主に胃腸)の病気異常による口臭

口の中からのにおいの原因と対策

口の中からの臭いは、ロの中で分泌されている唾液が不十分なことと、歯の隙間に挟まった食物が酸化して臭いを発しているものがほとんどです。

唾液には、細菌の細胞壁を破壊するリゾチームという酵素が含まれています。唾液で破壊されず生き残った雑菌も、唾液と一緒に飲み込まれ、ほとんどが胃酸で溶かされてしまいます。

逆に唾液の量が減ってしまうと、ロの中の自浄作用が低下して雑菌が増え、口臭の発生に結びついてしまいます。

朝起きた時は、ロが臭いますよね。

これは、眠っている間に唾液の分泌量が減って殺菌力が低下し、ロの中の雑菌が増え、その雑菌が臭いを発しているからです。

また、喉やロが渇いた時や、空腹時、心身にストレスがかかって緊張した時も唾液の分泌が減り、口臭が発生しやすくなります。

口臭の原因は、唾液の分泌量が減った時に増殖する雑菌の影響です。その雑菌の元となるのが、ロの中にある歯垢(プラーク)です。歯の表面に付着する、白くて柔らかい沈着物が歯垢です。

この沈着物は、食べ物のカスではありません。これはロの中の食べカスをエサにして増殖した細菌の塊です。

歯磨きをしないで、歯垢を放置しておくと、唾液に含まれるカルシウムを吸着して石灰化したものが歯石です。歯垢は、 2日程度で簡単に歯石に変化します。歯垢や歯石は、口臭を発生させます。

歯磨きを一生懸命しても、歯垢や歯石は必ず付いてきます。歯磨きと同時に半年に一度くらいは、歯科を受診し、歯の健康状態の確認と歯垢、歯石を取ることを推奨します。

歯垢、歯石がロの中に溜まってくると、歯周病にかかりやすくなり、口臭の一番の元になって
しまいます。

歯周病などを予防するためには、食後の歯磨きが大事です。食後に歯を磨かないままにしておくと、口内の細菌が食べカスを栄養にして酸を発生させます。

この酸が歯を溶かし、虫歯を作ります。虫歯になった歯の穴には歯垢や食べカスが詰まり、歯磨きだけでは取れなくなります。

虫歯は硫黄のような特有の臭いを発します。

・口臭を減らすためにまず実施することは、食後の歯磨きです。

ただし、歯磨き粉は少なめにしましょう。これは食後すぐは、口の中は唾液で一杯になっており、歯石が付きにくい状態になっているからです。多量の歯磨き粉で唾液の成分を分解し流してしまうことは、口臭予防には、逆行するからです。

・そして口内の酸化を防止するために、梅干や緑茶を食後に摂るようにしましょう。

ここでも気を付けたいのが、緑茶の摂りすぎです。緑茶は利尿作用があるので、摂取しすぎると、唾液成分を増やそうと水分を摂っていますが、排出してしまうことにつながってしまうからです。

唾液を増やして口内ケアを実践しましょう。

唾液の量を増やすには、よく喋ることがあげられます。

しかし、毎日パソコンの前に座って仕事をしている人は、電話対応などで喋らない限りお喋りは少ないです。そんな時にはガムを時々噛むのも効果的です。

最近は虫歯予防にも効果のある、キシリトールが配合されたものが販売されているので、それらのガムを少し噛むだけでも唾液の量は確保されます。

歯磨きでも落ちないにおいの対策方法

歯磨きを一所懸命たり、虫歯ケアをしても臭いが無くならない場合は、舌を確認して下さい。舌に舌苔がたくさん付いている場合は、舌苔が臭いを発している場合があります。

舌に白く見えるものは、雑菌が唾液によって酸化したものの集まりです。舌苔がある場合には専用の舌苔ブラシで落として下さい。

歯ブラシなどでゴシゴシこすると舌の表面細胞を傷つけ、その修復過程で唾液がたくさん分泌され、かえって舌苔を増やすことになってしまいます。

内臓(胃腸)の異常による口臭の種類

胃腸などに疾患のある場合や、胃の食物が消化不良などでも口臭がする場合があります。

胃腸病による口臭

口臭の原因で歯周病に並んで多いのが、胃腸病と言われています。

胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍にかかると消化不良により、胃の中に食べ物が滞留して異常発酵します。

その臭い物資が腸管から吸収され、血液に乗って肺から口へと排出されます。

また、腸内バランスが崩れると同じ症状が現れ、腸にガスが溜まると、腸から血流を通して臭い成分が吸収され、肺からロへと向かい吐く息から排出されることになります。

肝臓の不調による口臭

肝臓の働きが悪くなっても同じように臭い物質が血流に乗って肺から口へと排出されます。

肝臓に異常がある場合は、ネズミ臭と言われ、重症になるとカビ臭と言われる臭いに変わってきます。

糖尿病による口臭

糖尿病の場合は、唾液が不足し、ロが渇きます。

唾液は雑菌を排除してくれる重要な役目ですので、唾液が不足すると雑菌が増殖し口臭が強くなります。

さらに糖尿病になるとインシュリンが不足して糖の分解がうまくできなくなるため、その代わりに体脂肪を燃焼してエネルギーを作ります。

この時、ケトン体という強い臭い物質が発生し、血流に乗って全身へと送られるため、甘酸っぱい体臭や口臭がします。

呼吸器系の病気の口臭

気管支炎や肺炎の病気、蓄膿症やアレルギー性鼻炎、扁桃腺炎などの喉や鼻の病気でも口臭がします。

緊急時に口臭を減らす方法があります。

ロの中の臭いは、唾液の分泌量を増やすことが基本ですが、その他、緊急時短時間で口臭を消す方法を紹介します。

餃子などに入っているニンニクの臭いを短時間に消す時に、たいていはミントの香りのアメやガム、タブレットなどを食べたり噛んだりして口臭を消そうとするのではないでしょうか。

しかし、これは口臭を消すと言うより、マスキング効果でニンニクの臭いが多少減少しただけのことです。

ただし、ミントは香りで臭いを隠すマスキング効果が高いため、有効度は高いです。

そもそもニンニクには、殺菌効果や風邪のウイルスなどに効果を発揮するアリシンという物質が含まれています。そして、このアリシンに強烈な臭いが含まれています。

ですから、このアリシンを化学的に反応する牛乳のタンパク質やリンゴ、レモンなどのビタミンB1を摂取させればよいのです。

また、粉末の緑茶をそのまま摂取する方法もあります。

これはお茶に含まれるポリフェノールが臭いを予防したり、雑菌を殺菌したりする効果があります。

ただし、これらの方法は口臭を根本的に無くすわけではないので、強烈なにおいのする食べ物は、大事な日の前には控えた方がいいでしょう。

胃腸病(内臓疾患)による口臭は、思い切って検査機関へ受診しましょう。

胃腸(内臓)からくる口臭については、その臭いから判断し検査機関での検査が最も確実です。

臭いを出さないようにする対策は、毎日の生活習慣を改善することからできますが、胃腸(内臓)に何らかの不具合があり、症状が現れてきた時は早めの検査機関への受診が第一です。

体の中から口臭を対策するサプリメントもあります。

体の中から体臭や口臭を減らすサプリメントもあります。

・デオラボハーバルスタンダード

デオドラント専門ブランド「deo Lab」(デオ  ラボ)エチケット専用サプリメント「Fe クロロフィル」がコラボした、体臭、口臭対策サプリメントが発売されています。

体の中からリフレッシュして体臭や口臭を消して、ニオイの悩みを解放してくれるサプリメント、デオラボ「ハーバルスタンダード」、満員電車やスポーツの後、口臭対策には、これ一つで試してみるのもいいかも知れません。

その主成分は、ペパーミントとFeクロロフィンナトリウムでできています。成分全てが植物由来というところも安全性に信頼がおけますね。

今なら、お得なトクトクコースで購入できるようです。



>>ニオイの悩み解放宣言!今だけ初回500円でお届け!デオラボハーバルスタンダード

臭ピタッ(シューピタ)

「臭ピタッ!」も体の中から口臭の元になる原因に対処する、サプリメントです。

こちらのサプリメントは、実際に購入して試してみました。

ハーバルスタンダードとは異なる「フィトンチッド効果」という作用に着目し、体の中からにおいに対抗するものです。

また、「臭ピタッ!」は男性の利用者も多いということが特徴です。

>>「臭ピタッ」のさらに詳しい紹介はこちら

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする