臭い人に「くさい」と言える勇気を持ちましょう。

臭い人にくさいと言う勇気を持ちましょう。

家族や同僚が臭っている時に、「君、くさいよ」とか「ちょっとにおいますよ」とかなかなか言えるものではありませんよね。

しかし、心を鬼にして正直に言ってあげるのも愛情の表現ではないでしょうか。

通常、自分で自分のにおいは、わからないですから、人に指摘してもらうことが一番早いのです。

指摘できるかできないかは、信頼度の深さにも関係するかもしれません。

においの事を言ってくれる人がいるということは、愛情の度合いも高いと言ってもいいのではないでしょうか。

自分からにおいを聞いてみましょう。

他人をくさいということは、勇気をもってすれば言えるはずです。

これと同時に自分のにおいについて、 「私、におうかな?」という質問ができるようになることが大切ですね。

家庭や職場でもそういう会話ができるようになれば、「信頼頼関係が高い」証拠と言えると思います。

においのことを言われないのも寂しいです。

くさい時やにおっている時に、指摘してくれる人が周囲にいない場合は、どうしたらいいのでしょうか。

徹底的に歯を磨き、歯槽膿漏の治療をして、毎朝お風呂に入り、ポリフェノール入りの石けんで体を洗い、保湿して、脇の下にはパウダースプレーをしっかり吹きつける。

そういう対策を毎日繰り返すことは、ほとんど不可能ですよね。

やはり、におい対策をしながらにおいをチェックしてくれる友人を見つけることが寛容です。

その友人が異性である場合は、まさに人間関係は深くなり、信頼関係も大きくなるはずです。

>>体臭、加齢臭の元、ノネナールを完全除去「DEORA」(デオラ)はこちら

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする