加齢臭と食べ物の関係と頭皮の加齢臭対策について

抗酸化物質を含んだ食材は、加齢臭に対抗するために重要になります。

加齢臭について調べてきましたが、体の内部から加齢臭を少なくするためには、抗酸化作用のある食物の摂取が効果的ということがわかりました。

ポリフェノールを多く含んだ果物や野菜、自分の体に合ったサプリメントを摂るのもいいと思います。

また、外側からの対策として、お風呂やシャワーで使う石鹸を加齢臭対応の石鹸に特化することも大事です。そして、これらの事を習慣化していけば良いのです。

最初から加齢臭を減らすぞ、と頑張っても長続きはしません。ゆっくりと習慣化させることが大事です。

また、高価なものが必ずしも自分に合っているとは言えないので、あくまで自分でできる範囲で対策していけばよいのです。内側からと外側からをバランスよく習慣付けていきましょう。

頭皮の加齢臭対策は、どのようにすればよいのでしょうか。

頭皮の加齢臭対策当然ですが、頭皮にも皮脂が出ます。この皮脂が酸化して加齢臭の元、ノネナールが頭にもたくさん付着しています。

それでは、頭皮のノネナール除去は出来ますが、酸化を防止する働きを持つ専用のシャンプーがあるかというと、そうでもありません。

これは、メーカーの今後の研究と量産の計画にかかっています。

現状では、酸化防止のできるボディ用石鹸で洗うと、皮脂は落ちて酸化作用も期待できますが、洗った後に髪がゴワゴワになります。

そこで、最初に体用石鹸で洗い、その後シャンプーで軽く洗うと言う方法が良いようです。

また、髪の毛は、幾分短い方が頭皮に付着した皮脂を取り除きやすくなるので、ニオイのきつい方は、髪型を短髪に変えてみてはいかがでしょうか。

長髪より皮脂の除去効果は、格段にあがります。

加齢臭を消すクリーニングの方法

冬で使用したコートや厚手の服などは、普通ドライクリーニングに出すのではないでしょうか。

しかし、通常ドライクリーニングは、水を使わず石油などからできた溶剤を使用して汚れを落としています。

この汚れ落としは、主に皮脂を落とすものなので、加齢臭対策には合致した洗濯法だと言えます。

ただ、最近は自宅でもドライクリーニングができるような洗濯機も普及し、洗剤も販売されています。

これは、溶剤ではなく水を使った洗濯法なので、皮脂を取り除くには力不足です。

なぜならば衣服についた汗は水でも落ちますが、皮脂は落ちにくいからです。

逆に溶剤は、皮脂は落ちやすいですが、汗は落ちにくいと言った性質があるからです。

自宅でドライクリーニングをされる方で衣服に着いた皮脂を落とす又は加齢臭を除去させたいのであれば、クリーニング店でドライクリーニングをお願いすることをお勧めします。

また、クリーニング店によっては、におい除去もできるお店があるので、お願いすれば完璧になると思います。

柿渋石鹸の消臭力は、まろやかな肌触りが特徴です。

日本で石鹸を製造している会社はたくさんありますが、石鹸の第一ブランドは、株式会社ペリカン石鹸と言えます。

大手メーカーの石鹸を見ても、ペリカン石鹸製造と記載されているものもあります。

このペリカン石鹸が製造している石鹸「アロマティックソープ渋柿」がノネナールを除去する働きがかなり高いことがデータで確認されました。

また、渋柿の効果により肌触りも抜群です。

柿渋にはもともと抗酸化化成分が多く含まれており、その成分量がい威力を発揮します。渋柿は昔から天然の防腐剤として木材の防腐用として使われてきました。和紙の補強材としても使用されてきました。

実際に石鹸に含まれるポリフェノールの原料として、渋柿が最も多く使用されており、その効果は実証されています。

ペリカン石鹸の研究成果によると、渋柿成分が含まれている石鹸のノネナール消滅率は、96.1%の効果を発揮しますが、渋柿の含有が無いものは、33.1%にとどまります。

渋柿の持つタンニンは渋いですが、自然の成分ですので体に取り込んでも問題ないことが証明されています。

ですから柿渋を多く含んだ石鹸は、体表面のノネナールを大幅に取り除くので、さらさらでまろやかな肌になると言うわけです。

>>柿渋石鹸を使った足のニオイを洗ったレポートはこちら

腸内バランスを整えて消臭対策を実践しましょう。

基本的なことですが、加齢臭や体臭は体に溜まった酸化物質が原因で起こります。

これらを表面で落とすのが石鹸なら、体の中から排除するのが腸の役割です。特に大腸の働きが抗酸化作用に大きな役割を担っていると言うことが、最近話題になっています。

この大腸の腸内バランスこそが、加齢臭防止対策には欠かせません。大腸の中には、数百種類の最近がいると言われています。

>>腸内バランスの詳しい説明はこちら

夏の汗対策は、におい対策に直結します。

体から発散される汗の目的は、蒸発による気化熱で体温を下げるという働きがあります。

これを発汗作用といいますが、発汗作用を効果的に進めるには、衣服は熱の発散を邪魔ないないものが適当です。発汗の多い夏は特に薄手のものを着用し、湿気をためない工夫が必要です。

汗が体に付着したままの状態や、下着に染み込んだ状態のままだとその汗に菌が付着し、嫌なにおいが発生する元になります。

下着は発汗性、吸水性、乾燥性に一番優れたものは、綿素材です。綿でも汗を拭く場合、乾燥したハンカチやタオルで幅よりは硬く絞ったもので拭くと肌に付いた雑菌なども一緒に取れ、さっぱりします。

もっとにおいを取る場合は、ミョウバンの水溶液(水2ℓに粉末ミョウバン50g)に付けたタオルは、制汗作用があり効果的です。

またミョウバン水溶液のスプレーを作り、体に吹き付けるのも全身のにおい消しとして利用できます。

夏場のシャワーで汗を流すことができない場合などは、緑茶にミョウバンを溶かして冷蔵庫で冷やし、この水溶液で体を拭くと殺菌効果もあり、さっぱり感が増します。

自然な香りを身に付けましょう。

加齢臭や体臭を抑えるためには、身体的不調を無くすことも重要です。それは、ストレスを少なくすること、と言えます。

日本人の多くは、毎日多くのストレスを感じて生活しています。そのストレスから、体調の管理がうまくいかないことがあります。

このストレスを出来るだけ少なくするために、自分の合ったにおいを持つことも一つの方法です。

自分自身がリラックスできる香りを持って加齢臭対策の一つとして利用できます。

・除菌効果の高いアロマローション
除菌、消臭効果の高い精油ペパーミント、ユーカリ、レモングラス、ティートリーなどと無水エタノール、ミネラルウオーターを混ぜ合わせ水溶液を作り、自分のお好みのローションを作る。

・多汗を抑えるマッサージオイル
収縮作用の高い精油クラリセージと無臭ごま油を適量手に取り汗の気になる部分によくすりこみ、最後にティッシュなどで軽く祖さえてから余分なオイルを拭き取ります。

また、抗酸化物質を含んだローションなどで、体を拭くことにより、自分好みの香りを身に付け、加齢臭を減らすことができます。

>>加齢臭、体臭、口臭など、人の出す臭いの種類と性質について

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする