加齢臭を減らすために下着を交換する習慣をつけましょう。

毎日こまめに下着を変えて汗からの臭いを軽減させましょう。

加齢臭の原因は、汗からの分泌物によるものです。

この汗を吸収してくれるのが、いつも着用している下着ですね。

そもそも汗をかく目的は、蒸発にによる気化熱で体温を下げることです。

それであれば、下着には熱の発散を邪魔しないものが理想的と言えます。

発汗の多い時でも、湿気を高めない下着、すなわち通気性のよく速乾性がある素材がベストと言えます。

機能性スポーツウェアなどにも使われるこういった素材を使った下着は、最近は量販店などでも簡単に入手できるようになりました。

実際に、機能性スポーツウェアなどの汗の臭いを抑える効果は結構高いことが知られています。

その素材を使った下着であれば、汗の臭いを抑える効果が期待できます。

これを使わない手はありません。

機能性を持った下着をたくさん購入できない場合は、通常の綿の下着を使って、汗を効果的に吸収することもできます。

もともと綿は、汗を吸い取る吸水性に優れています。

それは、通気を良くするため、締めつけすぎないようにすることです。

下着は、よく汗を吸うようにタイトなものを選びがちですが、少し大きめのサイズを選んで着た方が効果的です。

そして、下着は毎日着替えることが大原則で、夏の暑い時期では、外出した後に、こまめに着替えることも効果的です。

臭いの種類ごとに使いわける制汗剤の使用方法

現代は、制汗剤やデオドラント剤は、抵抗なくエチケットのひとつとして欠かせないものになってきました。

特に若い男性は使用率が多いのではないでしょうか。

しかし、テレビやインターネットで宣伝されているものを簡単に購入し、自分の臭いにマッチしたものを使っているでしょうか。

市販されている制汗剤、デオドラント剤は、基本的に次の5つの作用を組み合わせて作られています。
・汗を抑える。
・かいた汗を吸収して拭き取る。
・臭いの元となる菌の繁殖を抑える。
・消臭・脱臭する。
・心地よい香りで嫌な臭いを隠す。

この5つの作用が用途や商品によって微妙にそのバランスが違ってきます。

これらの性質をよく把握しておかないと、あまり効果が得られないことがあります。

それぞれの性質をよく理解しておかないと、かえっていやな臭いを発生させたり、肌にダメージを与えたりすることがあります。

目的や臭いの強さに応じて上手に使い分けなくてはいけません。

体の部位によって制汗剤を使い分けましょう。

ワキの汗対策

例えば「脇の汗や汗臭さを抑えたいと考えているなら、さっぱりとしていて使用感が気持ちいいスプレータイプがいいでしょう。

この場合、「汗や汗臭さ抑える」ことが目的なので、制汗作用の高さに注目して選ぶ方が良いです。

殺菌作用の強いクリームタイプなど、皮膚に直接塗るタイプにものは、皮膚のかぶれや黒ずみなど肌のトラブルを招くことがあるので要注意です。

ただし、直接塗るタイプのものは、スプレータイプのデオドラント制汗剤と併用することで、少ない量でも臭いを控える効果は上がります。

注意事項として、パウダータイプの制汗剤を使うと、汗でパウダーが固まったり、汗とパウダーが混ざり、ベトついてしまうことがあります。

スポーツ後の汗対策

スポーツなどの後の汗対策は、嫌な臭いと一緒に汗のべたつきや汚れも拭き取るシートタイプがおすすめです。

自分は汗かきだと自覚している人は、クリームタイプの制汗剤、デオドラント剤が良いです。

制汗剤は、CMだけに頼らず用途によって使い分けましょう。

制汗剤、デオドラント剤を使いわけることによって、消臭効果はぜんぜん違います。

商品名やCMだけに影響されて、効果の表れない制汗剤の使用はやめた方が良いですね。

制汗剤に関する関連記事はこちら

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする