どうして体臭は、人それぞれ違うのでしょうか?

食べ物やホルモンの違いでにおいは変わります。

人の体臭は、食べ物、ホルモン、汗の分量などによって、それぞれの個性を発揮します。

まず、人の体臭は、食べたものに大きく左右されます。

赤ちゃんがなぜミルクくさいのかは、主食にミルクを飲んでいるからです。

ミルクから離れて離乳食になると、また違うにおいになりますよね。

少し大きくなった子供は、さらにまた違うにおいがします。

これはどうしてなのでしょう?老人に特有な加齢臭があるように、若年臭というものがあるのでしょうか?

汗腺体臭の原因となる汗を分泌する汗腺は、全身に200万~500万個あります。

平均約350万個のうち、汗を出さない不能汗不能腺と、能動汗を出す能動汗腺に分けられます。

この数は、住む地域により違いがあり、平均能動汗腺数は、寒い地方の人種、たとえばロシア人で180万個、日本人で約230万個、熱帯の国のフイリピン人で280万個と言われています。

能動汗腺数は、生後2~3年の間に冷房のある部屋にいると減ってしまいます。

冷房の効いた部屋に長くいて動かないと活動しなくなります。

これは、地域差よりも生活環境によりその増減が見られます。

人にはいい汗と悪い汗があります。

いい汗と悪い汗があるのを知っていますか?さらさらしてすぐに気化し、臭わない汗がいい汗です。

だらだらと流れ落ちて、長い間肌の表面に付着し、細菌に分解されて、汗くささを放つのが悪い汗です。

この汗は、必要以上にミネラルを放出しています。赤ちゃんや子どものころは、新陳代謝が活発でさらさらとした汗が出ます。

老化して汗腺が鈍くなるとこの能動汗腺も減り、冷房の効いた部屋にいることで、いい汗の減少により追いうちをかけています。

老人の悪い汗は加齢臭と相乗して、パワーアップすることが想定されます。

男女差のあるにおいについて、そして人の体臭差、最後の分岐は、男女差です。

なぜ男性に多い加齢臭が女性ではあまり問われないかというと、香料の入った化粧品や整髪剤などでマスキングされているからです。

男女でも平等に加齢臭はあります。

男女には加齢臭があることがわかっています。

しかし一説には、女性ホルモンが加齢年代により体臭は、変化していく加齢臭を抑制するのでにおいにくい、という説もあります。

女性でも閉経後に女性ホルモンが少なくなると、この加齢臭が漂い始めることもあるそうです。

一般的に男性のほうが基礎代謝は高く、汗をよくかくこととも関係が深いです。

思春期のにおいは、特別なにおいがします。

思春期のにおいは、局部に集中しているアポクリン腺や、皮脂腺からの皮脂汗は、思春期から出始めます。

それ以前はまだ子供なので、汗のにおいと食べ物のにおいがほのかに香るようで、小学校、中学年まではそれほど体臭は、臭わないようです。

これが思春期になると性ホルモンが出始めて、体臭が発生し始めます。

思春期が始まったころは、体が未発達で大人ほどの量がでていません。

それで、ワキガなどの体臭も控えめです。これが次第に活発化していくに従って、男性ホルモンや女性ホルモンを含んだ汗が出始め、体臭となって空気中に漂うのです。

ただ、若いうちは新陳代謝も皮層上での分解も活発なので、それほどにおいません。

そのうち喫煙や飲酒の習慣がでてきて、体臭に個人差が現れ始めます。

ただ20歳代は、まだ新陳代謝が活発で、その上においが気になるお年頃ですので、汗をかくたびに頻繁にシャワーを浴びたり、手や顔や髪の毛を洗います。

これも体臭が抑えられる理由の1つです。

またどこも臭くないのに、「自分はくさい」と思い込んで!悩む人(自臭症)が現れ始めるのもこの時期です。

ノイローゼや過敏症になる前に、客観的ににおいを確かめるのがいいでしょう。

中年期からの「体臭」とはどのようなもの?

中年期にさしかかると、ノネナールが出始めるのと同時に、また体臭は変化します。

徐々に新陳代謝も落ち、タバコやお酒などの習慣化から、体臭にも経年変化が表れます。

体臭が気になる人は、こうしたものを控えることで抑えることはできますが、大人のつき合いもあり、なかなか難しい問題なのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする