腸内環境を整えて、加齢臭対策に結びつけましょう。

還元力の強い発酵食品が、腸内の善玉菌を増やし臭いを抑制します。

最近、腸内フローラという言葉をよく聞きます。これは、腸内環境を整える意味で使われています。

腸内の環境が良くなれば、体全体の健康が促進され、バランスが取れていくと言うことですね。

それでは、腸内環境を整えるには、どうすればよいのでしょうか。

食べ物が体に入り消化する過程で食物が酸化すると、腐敗臭が体内にたまり、腸内の環境が悪化していきます。

これは体全体が、老化現象や病気を誘発することにつながります。

体臭や加齢臭は、老化現象につながる体の酸化によって起こり始めます。腸内が酸化した腐敗状態になると、そのニオイが体内に循環し、加齢臭や悪臭を発し始めます。

特に人の体の脂質は、酸化の影響を最も受けやすい場です。

酸化を引き起こす原因物質が、過剰な活性酸素です。

腸内を造血力や免疫力と関係が深い腸内環境が整った状態とは、還元作用のある発酵菌(善玉菌)が優勢であるということです。

反対に、動物性食品や油もの、精白食品、食品添加物など腐敗しやすい食べ物が腸に入ってくると、腸内が酸化して腐敗菌である悪玉菌が増えてきます。

腸内環境を善玉菌に保つことは、病気の予防や若返り、体臭予防には重要です。

改めて腸内環境には、気をつけることが大切です。

腸内環境を整えるためには、日本人の体に適合した発酵食品の摂取がお勧めです。

それは、微生物が作り出した還元力の強い発酵食品である、みそ、しょうゆ、納豆、酢、みりん、甘酒、漬物などです。これらの食材は、特に特別なものでありません。

身近なこれらの発酵食品をもう一度見直し、日常生活に取り入れて腸内環境、腸内フローラ改善の第一歩として活用しましょう。

野菜、果物の皮は捨てられていたのに抗酸化作用が強いという意外な食材です。

穀物や野菜の皮には思いのほか、酸化を防ぐ物質が多く含まれています。

米の「ぬか」を取りさると、すぐに酸化が始まります。

これは皮に該当する「ぬか」が無くなったことにより、酸化が始まってしまうためです。

皮である「ぬか」が酸化防止の作用をしていたからですね。

果物も同じように皮をむいてしまうと、すぐに酸化が始まります。実は、野菜や果物の皮は、抗酸化作用に優れた食物の代表なのです。

今まで捨てられていた野菜や果物の皮を摂取することにより、簡単に体全体の抗酸化作用を高めることができます。

免疫力は、腸の大切な働きの一つです。

善玉菌・悪玉菌・日和見菌(ひよりみきん)の特徴

腸の大切な働きに、免疫があります。

免疫とは、体外から入ってきた最近やウィルスなどかの病原菌から、体を守るしくみです。

もし免疫の働きがなければ、病気にかかりやすくなるだけでなく、病気やケガの症状も悪化していまいます。

最近の研究では、腸には、全身の免疫機能の60%以上が存在し、体の中で一番大きな免疫機能を持っていることがわかってきました。

その理由は、腸が外の世界とつながっているからです。

腸とつながっている口からは、食べ物や飲み物に加えて、微生物などの異物や病原菌も入り込みます。

そのため、腸が健康で、免疫が十分に働かないと、これらの異物や病原菌に対抗できず、常に体が病気や不調に悩まされることになってしまいます。

腸の持つ高い免疫力が注目されるようになったのは、腸内細菌との関係からです。

腸内のひだの中には、400種類余り、100兆個もの常在菌が存在しています。この常在菌は、腸内環境におよぼす影響から、大きくの3種類に分けられます。

・腸の環境によく働く「善玉菌」
・悪さをする「悪玉菌」
・状況によって善玉にも悪玉にもなる「日和見菌」

腸が元気で健康ならば、善玉菌20%、悪玉菌10%、日和見菌70%というバランスを保っていますが、便秘などで腸内環境が悪くなると、悪玉菌が増えてバランスが崩れ、免疫力が低下してしまいます。

腸内細菌が住んでいるのは主に大腸で、小腸にはほとんど菌はいないのです。

しかし、小腸も免疫機能には大きく関係しています。腸管の粘膜には、腸特有のリンパ組織(免疫機能を担うリンパ球が集まる部位)があります。

これは、腸関連リンパ組織(GALT)と呼ばれ、この容積は腸の25%にもなります。

この腸関連組織が、腸管免疫系を担っています。

腸は、3つの組織で構成されています。

腸の関連組織は、次の3つで構成されています。

・「バイエル板」という組織(小腸だけにあります)
・腸管上皮細胞と、そこに存在する上皮細胞間リンパ球(小腸・大腸に存在します)
・粘膜固有層と、そこに存在する粘膜固有リンパ球(小腸・大腸に存在)

この中で重要なのは、小腸の「バイエル板」なのです。口から入ってきた異物や病原菌などが小腸に達すると、このバイエル板の中の免疫細胞が、病原菌を攻撃するための抗体を作ります。

この抗体が、病原菌を無毒化するので、体の健康は守られます。

腸が健康であれば、病気の原因であるウィルスや細菌、あるいはがん細胞の増殖を抑えるなど、命を守る免疫のシステムが働きます。

しかし、腸が不健康だったり、ダメージを受けたりすると、この状態が崩れ、病気になったり重大な事態になることがあります。

不健康な状態とは、腸内細菌のうちの悪玉菌が異常増殖を起こし、悪玉菌が弱まった粘膜を突き抜けて、血管などに侵入し、全身に広がります。

このように不健康な腸内環境になってしまうと、腸内の悪臭が血管を回り、体外に排出され、悪臭として臭うわけです。

腸内環境の重要性

こうした不健康な腸内環境は、特別な病気に限らず、日常生活でも起こりえます。

きちんと食事をとることで、腸内環境を整えることができるのです。

>>腸内環境を検査する在宅臨床検査の紹介はこちらです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする