歯磨きしても口臭が消えないのは、ガラパゴス化した歯磨き法にあった!

ガラパゴス化する日本のNGな歯磨き法

日本は、様々なことが特殊に進化しています。その一つがガラパゴス化した歯磨き法です。

それどころか、日本人の歯磨きの方法は、虫歯や歯周病を悪化させ、口臭の原因になっている可能性があると言われています。

残念ながら、多くの日本人は、世界では非常識とされる誤った歯磨き方法を行なっていると指摘されています。

それが「食後すぐに歯を磨く」という方法です。

子供の頃、両親や学校の先生から、「食べたらすぐに歯磨きしなきゃダメでしょ!」と怒られた経験はないでしょうか。

これまでは、それが良いとされ「一日3回、3分間、食後3分以内に歯を磨こう」という「3.3.3運動」が日本全体で推進されていました。

国全体がそれを良しとしていたのです。親や先生を恨んではいけません。

科学的な一つの論理は、後に覆されることもありますし、あるコミュニティの常識は、別のコミュニティの非常識だったことはよくあることです。

絶対的真理でない限り、それらを100%信じ込むのではなく、常にアンテナを立てて、自分自身をバージョンアップできるようにしておくのが賢明ですね。

口臭の原因になる歯周ポケットと歯垢(プラーク)

厚生労働省によると、1日2回以上歯磨きをする日本人は、昭和44年は20%でしたが、年々増加し続け、平成28年には77%になっています。

平成11と平成28を比較すると、一日3回以上歯磨きをする人も右肩上がりで、10%以上増加しています。それにもかかわらず、治療対象となる4㎜以上の深い歯周ポケットを持つ人は、平成11年から平成28年で、どの年代でも増加しているのです。

75歳以上では、20%以上も増えて、50.6%、何と15~24歳でも、17.6%となっています。

ちなみに、平成11年といえば、2000年を目前にした1999年です。90年代よりも、現在の方が、歯周ポケットが多いということが不思議です。

これは色々な要素が絡み合うため、この原因は一概には言えませんが、歯磨きの回数が増えたところで、歯周ポケットの形成予防には、役に立っていないと言えるのではないでしょうか。

歯周ポケットが形成されると、当然、炎症から口臭の原因にもなるので、諸外国から「口が臭い国民」と言われても仕方がないのです。

「食後すぐ歯を磨く」、は逆効果!?

現在では、食後すぐに磨くことは逆効果で、歯磨きの回数よりもいかにタイミングよくプラークをコントロールするかが大事と考えられています。

プラークの原因になる細菌が、最も口腔内に増える時間帯は、唾液が減少する睡眠中から朝目覚める時間帯です。

ここで細菌を贈やさないようにすることが、プラークコントロールにおいては大切なのです。

ですから、歯磨きするタイミングは、就寝前と、起床時の2回がよいのです。他の先進国では、このタイミングでの歯磨きが推奨されています。

食後すぐは、口腔内の細菌が最も少ないのです。

一方、食後すぐは、食べ物と唾液の流れによって、細菌は最も少なくなっています。

細菌の塊(かたまり)であるプラークは、食後8時間くらいから形成され、そのまま歯にくっついていると、食後48時間程度からがっちりと固着する「バイオフィルム」が形成される、という仕組みになっています。

プラークは、セルフケアでも落とせるため、食後にあせって歯ブラシで磨く必要はないのです。

バイオフィルムが形成されると、通常のセルフケアでは落とせないので、歯科の専門的なケアが必要になります。

食後は、食べ物の影響で、口腔内が酸性になっています。その状態で、研磨剤や界面活性剤などの入った歯磨き粉を付けて歯磨きしてしまうと、歯のエナメル質を削り、粘膜を傷めてしまうことになります。

また、せっかくの唾液を洗い流してしまうのも問題です。唾液が分泌されていれば、口を中性に戻し、削れたエナメル質を再石灰化によって修復、殺菌してくれるのです。この効果を活かせなくなってしまいます。

歯磨き粉の使用は少量で十分です。

最近では、市販の歯磨き粉は、積極的に使う必要はなく、使い過ぎると害になると言う意見もあるくらいです。

界面活性剤などの成分で舌の粘膜を傷めると、口臭の原因にもなりかねません。唾液の力があれば、歯勝き粉はあまり必要なく、水だけでブラッシングすれば十分と考えられています。

どうしても付けたい場合は、少量で十分です。

食後に大切なことは、口腔内に残ると酸性化の原因になる食べかすを取り除くことです。

また、唾液をしっかりと、口腔内や歯間、歯の付け根に行き渡らせることです。

そのために、食後は、口をすすぎ、歯間ブラシやデンタルフロス、ウォータービック(口腔水流洗浄器)などを使って、口腔内の食べかすを取り除くことが大切です。

そして、唾液をしっかりと分泌させ、環流させることが重要になります。

食後の唾液の分泌を促すためには、唾液腺マッサージや、舌をぐるぐる回す舌回し運動、また砂糖を含まないガムなどが推奨されています。

爪楊枝の使い方についての注意点

ほとんどの中年男性は食後といえば、爪楊枝を使用する方も多いでしょう。

爪楊枝は、古代から世界各国で、歯間の食べかすを取るために、小枝や木片を使っていたことに由来します。

日本でも「武士は食わねど高楊枝」という諺(ことわざ)あるように、古くから愛用されていたようです。

現代では、日本の爪楊枝は、丸型が基本なのに対して、他国では、圧倒的に平型が多いです。

この丸型は丈夫ですが、歯の隙間を広げやすいため、使いすぎには注意が必要です。無理に歯間に入れ込まないようにした方がよいでしょう。

さらに、日本ではマナーや印象にも注意が必要です。食後に、人前でも「シーシー」とやっていないでしょうか?「オヤジくさい」「生理的に受け付けない」と感じている女性はかなり多いと思いますよ。

手で隠しながら爪楊枝を使っても、印象は変わらないようです。

オヤジ達の憩いの場である赤提灯系の居酒屋でまで「爪楊枝NG!」とするのは可哀想な気もしますが・・・。

それでも嫌悪感を覚える人がいることは確かなので、ちょっと気に留めておきましょう。

爪楊枝の使い方は、TPOを考えながら賢明に判断するようにして、食後には、誰もいない場所で爪楊枝を使うのがベターでしょうね、また、お手洗いに行った時に使うとか工夫も必要です。

ちょうど良い歯磨きの時間帯

爪楊枝の使い方を含め、口臭の出ない推奨される歯磨きのタイミングは次のとおりです。

①起床時:歯磨き+すすぎ
②各食後:歯間ケア+唾液分泌法十口すすぎ
③就寝前:歯磨き+口すすぎ

こうしたタイミングや回数も、専門家によって若干、推奨する内容に違いがあります。

もし、起床時と就寝前の歯磨きだけでは、歯がざらつくような場合には、食後、酸性に傾いたphが中性に戻る60分後以降に歯磨きをするといいでしょう。

食間に歯を磨くことで、無駄な間食の予防にもなりそうですね。

また、食後のphを早く戻す裏ワザとしては、酸を中和するアルカリ性の水で、30秒程度口をゆすぐ方法があります。

食用の重曹、小さじ1杯程度を500mlの水に溶かすと、簡単にできます。これをペットボトルなどに作っておけば、職場の昼食後にでもすぐに使えるので便利です。

虫歯菌の活動を抑え、だ液の働きも助けることができます。重曹は、体に安全な炭酸水素ナトリウムで、だ液にも含まれる成分です。

まとめとして

本質的なポイントとして、

①寝ている間に細菌を増殖させないこと。
②食後はすぐに歯を磨かないこと。
③食後は歯間ケアを中心にし、唾液をしっかり分泌・還流させること。
④バイオフィルムが形成される前にしっかりと落とすこと。

これらができていれば、口臭を減らすための歯磨きは大丈夫でしょう。

歯磨きと同時に行うサプリメント摂取も効果的です。

>>口臭対策サプリ「臭ピタッ!」はこちら

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする