寝起きや食後の口臭対策、歯磨きやお口直しについて

寝起きや食後の口臭は、飲食や睡眠に伴う口内環境が変化することにより、口腔内細菌も活動状況が変化するためによって起こります。

口臭を起こすガスの大半は、もともと口の中にあった口腔内由来のガスが原因となっています。

口の中から発生するガスは、すべて嫌気性菌によって作り出されています。

通常の状態では、口の中には常在細菌として嫌気性ガスも存在します。

普段はこれらのガスは休止中ですが、口腔内の生理的な環境が変化することで嫌気性菌が活発に活動し、口臭ガスを引き起こすと考えられています。

歯磨きで歯垢をコントロールしましょう。

通常、口腔内細菌は、睡眠中唾液分泌が低下している時だけ増殖し、起床直後には細菌の集合体となって歯垢が最も多く存在します。

また、起床直後の唾液には一晩かけて増殖した菌類が作り出す、骨を溶かし、粘膜を破壊する内毒素の濃度が最も高く、口臭も最大にっています。

起床直後には、最初に唾液を捨て、歯垢を除去するためにブラッシングを行うことは、口腔内の細菌をコントロールするうえで、また起床直後の口臭を抑制するうえでも基本的な重要動作になります。

結果として、歯周病などの他の疾患も予防できます。

起床後、生活活動が始まると安静時唾液が確保されるようになり、口の中の恒常性が維持されるので口の中の細菌は活動しなくなります。

ただし、普段、口の中は中性に維持されていますが、飲食後は一時的に酸性になり、虫歯になりやすく口臭が起こりやすくなります。

飲食後には、唾液の酸性化に対応していくことが虫歯予防と飲食後の抑制には不可欠ですね。

食後の口臭対策、「お口直し」

食事中や食後は、唾液成分が最も多くなり、咀嚼によって飲み込み続ける結果、細菌数は最も多くなり、活動も抑えられるために、普段、口臭のきつい人でも口臭は消失していまします。

飲食などによって水以外のもの(お茶やジュース類)を口にした後、飲食物の残りが口の中に残っていると、口の中のPH環境は酸性になり虫歯になりやすく、酸っぱい臭気がするようになります。

ですから、食後は、口に水を含み、口の中でよくうがいをして飲食物を残さないようにすることが重要です。

とりわけ飲食物の残りは舌表面に残りやすいので、食後には口に水を含み、口の中で舌をよく動かして、表面の飲食物の残りを完全に取り除いた後に飲み込んで下さい。

食後に水を含んで洗いながら飲み干す習慣は、「お口直し」と言われて、古くから行われてきた方法です。

茶道や僧侶、日本食の作法として受け継がれています。

飲み込むことが汚いと思われがちですが、何もしないと舌の上に残った飲食物の残りが唾液の酵素や口の中の殺菌によって分解され、腐敗してしまうのでよけい汚くなります。

食後の「うがい」の注意点

また、習慣として食後に歯を磨き、歯の表面を磨いた後に水で数回うがいをします。

しかし、うがいくらいでは舌の上の食べ物の残りは取り除くことができないのです。

また、うがいの後に残っている飲食物が唾液によって分解され酸性になる一方で、中性に戻す働きを行う唾液がうがいにより流されて少なくなります。

ですから、かえってうがいの後は酸性化が起こりやすく、口臭もひどくなり虫歯になるリスクも高まることがあります。

効果的な「お口直し」の方法

実は、飲後にガムを噛むことは、舌の上の飲食物を十分取り除き、かつ口腔内の恒常性を維持する唾液の確保につながります。

また、口臭抑制効果も大きくなります。

牛乳やヨーグルトなどのように硫黄を含む乳飲料は舌の上に残りやすく、放置すれば硫黄臭を発生させるので、これらの乳製品を含んだ後や糖分を含む飲料、舌の上に粉状に残りやすい食べ物を食べた後も同じ方法で「お口直し」をすることが有効です。

食後や喫煙後に水があれば、必ず「お口直し」を行い、さらにガムなどを噛むようにすれば完璧に口臭を抑制できるばかりか虫歯の予防にもなります。

>>体の中から口臭の元になる原因に対抗する「フィトンチッド効果」に関する記事はこちら

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする