口臭の原因は胃にあった?!胃が原因の「戻り臭」って何?

口臭の原因について

話し相手の様子がなんだか変で、自分の口臭に気づき、はっとしたことはありませんか?

餃子やキムチなど、明らかににおう料理を食べた後は、口のにおいを意識します。

しかし、残念なことに、口は鼻からいちばん近いけれど、においの感覚構造ではいちばん遠いものでした。

自分で知らないうちににおっている口臭こそ、人間関係を知らないうちに破壊するサイレントキラーなのです。

何とかしたいものですね。

口臭の原因には大きく分けて、以下の3つがあります。

①食べ物そのもののにおい。
②食べたあとの腐敗臭や歯肉炎などの不衛生、口内環境トラブルに起因するもの
③胃からの戻り臭

①は、ニンニクや発酵食品を食べたときに口腔内に残った食べかすなどが、においとして発するパターンです。

②は食べたあとに歯磨きをしなかったため、食べかすが発酵して腐敗臭を漂わせます。

また、口内ケアをきちんとしないために、歯肉炎など口腔内でのトラブルが悪臭となり、においとして発せられるケースです。

この①と②は、歯磨きをすること、デンタルフロスなどで歯間の汚れや舌苔を取り、清潔にすること、最後にマウスウオッシュなどで口をゆすいで仕上げをすると完壁です。

また、歯肉炎などが悪臭を発生する場合も、歯医者で治療を受け水分を補うことで、口臭を防ぐことができます。

ほかに口腔内トラブルとして、老人や病気のために唾液が不足して、乾燥することでにおいが発生しやすくなることですが、これも清潔にすることで解決できる問題です。

③の胃からの「戻り臭」とは何でしょう?

これは、胃できちんと消化がなされていない場合、胃で食べ物が腐敗したときの発酵臭と、胃炎などの胃の疾病から独特のにおいを発することです。

この場合は、病気のサインと受け止めて、診療を受けることが肝要です。

このように、自分ではわからないうちに、においが疾病の重要なサインを発していることがあります。

においを内なる体の声として、疾病判断ができるのです。

口臭を嫌わないでじっくり取り組んでみることで、疾病の早期発見に役立ちます。

原因を理解しながら口臭と付き合うと、他人の口臭も理解できるようになるのではないでしょうか。

自分の口臭をチェックしましよう。

自分の口臭が気になったときは、吐いた息を鼻で嗅いでみるとわかるでしょう。

これを繰り返すことで、自分の体調が把握できます。

体臭や口臭は、いつも食べている食品影響されるのでしょうか?

ニンニク料理を食べた翌日、部屋全体にニンニク臭が漂っていた経験はないでしょうか?

人という媒体を通じて、食べた物のにおいが発散された例です。

これ以外にもスパイスがきついものを食べたら、その成分は腸管から吸収され、血流に乗り全身の毛細血管のすみずみまでめぐり、毛穴からそのにおいが漂ってくることはあります。

しかし、納豆を食べて納豆のにおいが体臭になるというようなことは、あまり聞きません。

ニンニクの例は、肝臓などで分解されずに残る、まれな例なのです。

日本の空港に降り立った外国人は、よく「醤油のにおい」を感じると言いますが、調味料の類は残りやすいのかもしれません。

中近東なら羊肉のにおいがする?

インドだったらガラムマサラのにおいとでも言うのでしょうか?

食べ物、特に普段使いの調味料、香辛料の香りは体臭に影響するようです。

同じアジア人でも体臭が違うのは、人種による体臭の違いというよりは、食習慣による体臭の違いと言えます。

肉食の影響によるにおい

肉食が多いと、皮脂腺やアポクリン腺からの分泌物が、活発に出されます。

この皮脂線からの脂肪成分や、アポクリン腺からの皮脂酸が酸化したり、微生物のエサになって分解、腐敗するという肌の上の機構により、独特のにおいである体臭はかもし出されます。

微生物のエサになりやすい汗のもとになる豊かな食生活の方は、芳しかぐわい体臭となりがちです。

また、肉や乳製品といった動物性油脂の他にも、体内で酸化しやすい油はタバコやお酒同様に注意が必要です。

皮脂腺から分泌されて体臭の原因となる以外に、体が酸化することで体臭が強くなる傾向があります。

野菜不足による影響

さらに野菜を食べないと、腸内で悪玉菌を増やします。

食物繊維が不足しているため、腸内滞留時間も長くなり、便秘になりがちで、ひいては体臭にも影響をおよぼします。

これをふまえて、体臭が気になる方は肉食を控え野菜を多く食べて、腸内細菌を整える食物繊維を摂ることを心がけるなど食生活を微調整することで、体臭を抑制することが可能でしょう。

腸内環境を整える食品は、ヨーグルトの乳酸菌や植物性乳酸菌を含むぬか漬けなどの発酵食品、オリゴ糖、海草などがあります。

また、いまではそのような機能性食品が商品化され、発売されています。

機能性食品を摂ることでも、対応できそうですね。

>>サプリメントによる口臭対策の記事はこちら

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする