世界で最もくさいにおいは何でしょうか?

発酵という自然現象によるにおいのすごさ。

発酵に伴うにおいは、かなり激しいものがあります。

世界でもっとも臭いにおいのランキングに必ず登場するのが、スウェーデンのイワシ発酵缶詰「シュールストレミング」です。

これが文句無しの臭い食品第1位と言われています。

今にも爆発し、悪臭を放出する恐れがあるので、飛行機の密室で爆発されたら大変なので、飛行機には搭載不可という噂が立ったほどの缶詰です。

今にも暴発しそうにパンパンに膨らんでいます。

気圧の関係からも爆発しやすく危険ではありますが、空輸は可能だそうです。

第2位は、韓国のホンオフェです。

これは、「ガンギエイ」をつぼに入れ、10日ほど発酵させたものです。

ものすごくアンモニア臭がきついのが特徴で、冠婚葬祭のときに食べる高級品です。

長く口の中に入れておくと、口の中がただれるということもあるそうです。

美味しいものを食べるためには、試練と決断と勇気が必要になりますね。

缶詰内での発酵はかなりにおうという現実

次のニオイは、ニュージーランドのエピキュアー・チーズと言われています。

缶詰の中で発酵させるため、缶が暴発寸前になります。

また、キビヤックというアザラシのおなかの中に、海燕の一種の烏を60羽くらい詰めて、土の中で3年間発酵させたエスキモーの保存食があります。

これはかなりグロテスクナ食べ物ですが、よく考えたものですね。

焼いた肉などと一緒に食べる物だそうです。

日本の臭い食べ物

日本にも臭い食べ物はあります。

その代表的なものがくさや、鮒鮨(ふなずし)などです。

化学薬品の危険なにおい

薬品の本格的な悪臭は更に危険です。

アンモニアや硫黄などはヒト粘膜系への刺激臭以外に、濃度が濃くなるにつれて、人体への悪影響があります。

におってきたら気をつけないといけません。

最近話題の硫化水素も硫黄の香りがするので、感じたらすくに避難すべきです。

決して近づいて確認しようと思ってはいけません。

プロに任せましょう。

三大毒ガスとも言える、アンモニア、硫黄、塩素系などの臭いがしたら更に危険です。

悪臭=命が危ないと心得て、これらバイオハザードには、近付かないようにして下さい。

そのガスが何か特定できずに、被害を拡大させてしまった例が、農薬土壌薫場剤の「クロロピクリン」です。

これを飲んだ男性が、運ばれた病院で吐いた嘔吐物が気化して、刺激臭のある塩素系有毒ガスになり、病院内で救命にあたった医療従事者らに被害がでました。

このような毒ガス系はにおいがあるものと、プロパンガス、都市ガスのように無臭のものがあります。

無臭で脅威のあるガスがあることも、知識として知っておくべきかも知れませんね。

自分の加齢臭よりくさいものがあるからと言って、安心はできません。

自分の加齢臭、体臭よりも臭い食べ物があるから、自分は大丈夫だと安心してはいけません。

自分のにおいについては自分で責任を持ちましょう。

それには、日頃からの努力が欠かせません。

その一つの方法として、加齢臭対策として、加齢臭の元である「ノネナール」を根本的に洗い流す「DEORA」(デオラ)を使ってみるのもいいかもしれません。

>>加齢臭の元「ノネナール」を落とす、DEORA(デオラ)の紹介はこちら。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする