大腸内視鏡検査は、腸のいろいろな病気を見つけることができます。

内視鏡でほとんどの大腸がんが見つかります。

大腸の粘膜を直接見ることのできる大腸内視鏡検査では、じつにさまざまな腸の病気が見つかります。

大腸がんについては、内視鏡の進歩によって、数ミリ径の超早期がんが見つかるようになり、がんの予防という点で非常に有効です。

また、ポリープもその形や広がり方によって、がん化しやすいかどうかがわかり、切除するかどうかの指標になります。

潰傷性大腸炎においては、広がり方や炎症の程度によって重症度を決め、それによって治療薬が決まってきますので、内視鏡検査は不可欠です。

潰傷性大腸炎やクローン病はよくなったり悪くなったりをくり返す病気ですが、治療がうまくいくと、内視鏡でも明らかに炎症が落ち着いてくる様子がわかります。

また、加齢にともなって、大腸壁の一部が外側に袋状に突出してできる「大腸憩室」の人が目立って増えてきています。

大腸憩室は、普段は自覚症状はありませんが、憩室の部分に便がたまりやすく、ここから腸管が炎症を起こして、さまざまな症状が出ることがあります。

また、おなかの調子がいつも悪かったのに、どんな病院でも原因がわからなかったものが、腸の癒着によるものと明らかになることもあるようです。

このように、大腸内視鏡検査でわかることはたくさんあるので、ぜひ、もっと手軽に活用したいもです。

大腸がんは、内視鏡検査で見つかる代表的な病気です。

大腸内視鏡検査で見つかる病気の中で、もっとも代表的な病気のひとつは、大腸がんです。

命にかかわるがんは、早期発見がとても重要なことに異論はないと思います。

大腸内視鏡検査は、大腸がんの早期発見のために非常に有効な検査です。

大腸のはじまりは盲腸で、盲腸から上(頭側)に向かう部分が上行(じょうこう)結腸、次いで横たわっている部位を横行(おうこう)結腸、下に向かう部分が下行(かこう)結腸、S字状に曲がっている部分がS状結腸、約15センチの真っすぐな部分が直腸で、最後の肱門括約筋(かつやくきん)のあるところが肛門管です。

大腸がんはこうした大腸に発生するがんで、日本人ではS状結腸と直腸にできやすいことが知られています。

大腸がんには、「大腸粘膜の細胞から発生し、腺腫というポリープの一部ががん化して発生したもの」と「正常粘膜から直接発生するもの」があります。

そのスピードは、比較的ゆっくりと言われています。

しかし、進行するとと粘膜から大腸の壁に次第に深く侵入し、リンパ節や肝臓や肺などほかの臓器に転移します。

大腸がんは、早期発見でほぼ治るがんと言われています。

大腸内視鏡で多く見つかるのは、根治が期待できる早期がんです。

1985年頃までは、大腸内視鏡を使っても、早期大腸がんを見つけるのは簡単なことではありませんでした。

これが内視鏡の開発、進歩にともなって、大きく変わりました。

転機は80年代末、大腸内視鏡検査に電子スコープが便われるようになったからです。

最近は、内視鏡カメラとコンピュータが接続され、映像を録画、撮影しながら、モニター画面を複数の医師、看護師が臓器内面の状態を見ることができるようになりました。

また、大腸粘膜のごく小さい病変まで見つかるようになって、見落としが減り、10ミリ以下のがんも見つかるようになりました。

このような小さいがんが多く見つかるようになると、それを内視鏡を使って取り除く技術が確率されました。

これが「内視鏡手術」です。

電子スコープの導入により、それまで外科で切除されていた大腸がんが、早期のものに限っては内科で施術することもできるようになりました。

ある病院で内視鏡検査を受けた人のうち、どのくらいに大腸がんが発見されたかを調べたデータがあります。

2001年~2008年の間に受けた5万3739例のうち、早期がんが見つかった人(発見率0.97%)、進行がんは、1071人(発見率1.99%)という結果でした。

あわせて3%の人にがんが見つかったことになります。

大腸内視鏡を受診された人の多くは、自覚症状があったわけではなく、「大腸がん検診」という形で受け、がんが見つかっっています。

再検査の患者で集計すると、早期がんが5.15%、進行がんが0.12%となり、早期がんと進行がんの発見率は逆転します。

初回の検診では、進行がんが初期がんの2倍も多く、再検査では逆に進行がんで見つかるケースはほとんどないということです。

大腸がんは一般的に5~6年かけて大きくなるので、初回の検査できっちり診断すれば、その後はあまり間をあけずに定期的に内視鏡で診ておけば、大腸がんで命を落とすリスクはほとんどないといっても過言ではかもしれません。

がんの治療開始から5年間生存している人の割合を「5年生存率」といいます。

これは、多くのがんで、治療開始から5年間で再発がなければ治癒したと考えられているためです。

1962年には、胃がんの5年生存率は40%以下、肺がんでは20%にも達していませんでした。

それが、30年後の1992年には、胃がんでは、70%を超え、肺がんでも40%近くまで上がっています。

大腸がんは、この5年生存率も比較的高いがんです。

病期分類の代表であるデュークス分類価ページ)による5年生存率は、下記のとおりです。

・・がんが大腸壁内にとどまっているデュークスAで95%
・・がんが大腸壁を貫いてしているが、リンパ節転移の無いデュークスBで80%
・・さらにリンパ節転移のあるデュークスCでも70%

以上のような成績ですが、遠隔移転のあるデュークスDになると25%に下がってしまいます。

大腸がんの7割は、ポリープから始まります。

「大腸がんは最初はポリープの形で出てくるものが多い」という結果があります。

ポリープとは「隆起(盛り上がっている状態)している病変の総称」です。

ポリープ=「良性腫瘍」と言われることがありますが、確かに胃がんでは、ポリープとはがんとは異なる「心配無い病気」です。

しかし大腸の場合は、これに当てはまりません。

大腸では、ポリープからがんになるものがあり、その確率は、約7割に及んでいます。

具体的には、大腸のポリープには、強い炎症のあとのような形で残る、「炎症性ポリープ」、組織の良性な変化である「過形成(かけいせい)ポリープ」、腫瘍性の「腺腫性ポリープ」があります。

炎症性ポリープと過形成ポリープは、がん化の心配はほとんどありません。

がん化の恐れがあるのは、腺腫性ポリープで、ポリープ全体の8割を占めます。

また、腺腫性ポリープの多くはいぼ状(隆起型)なのですが、中には、平坦だったり(平坦型)、くぼんでいたり(陥凹(かんおう)型)というポリープもあります。

腺腫性ポリープは、5ミリ以上になるとがん化しやすく、陥凹型では特にがんになりやすいことが明らかです。

がん化する腺腫性ポリープは、50~60代で約3割の人に見つかります。

最近では若い人の発生率も高くなり、40代にも増えてきました。

欧米の多くの研究で、このポリープを切除した人は、切除しなかった人に比べ、大腸がんの発生率が明らかに低くなると報告されています。

例えば、ポリープを切除した人は、切除しなかった人に比べ、76~80%もがんになるリスクが減るという発表があります。

日本では、厚生労働省の研究班による調査があり、それによると、ポリープを切除した人で5年間の間に大腸がんが発生した人は0.7%であったのに対して、切除しなかった人では、5.2%と大きな差が出ています。

内視鏡検査で見つかったポリープの切除法

大腸内視鏡検査でポリープが見つかった場合、内視鏡で切除が可能です。

また、大腸がんのうち、粘膜下の一部にとどまる深達度(しんたつど)「Sm2の一部」までのものも、ポリープと同様の方法で切除ができます。

内視鏡で切除する方法としては、「ポリープ切除術(ポリペクトミー)」がもっとも広く行われています。

これは内視鏡の先端から伸ばしたループ状のワイヤー(スネア)を、がんやポリープのくびれた部分にかけ、ワイヤーに高周波電流を流して焼き切る方法で、大腸の粘膜から盛り上がった病変に用いられます。

しかし、平坦ながんは高さが十分ではなく、ワイヤーが十分でないため、ワイヤーがかかりにくいという問題があります。

そこでこのような場合には、「内視鏡的粘膜切除法」という方法が行われます。

これは、病変部位の粘膜下に液体を注入して、人工的に盛り上がりを作り出し、焼き切る方法です。

しかし、この方法でも2センチを超える病変の場合、一度に切除するのが難しいという課題が残りました。

2センチを超える場合、何度かに分けて切除したり、がんの場合は、内視鏡ではなく、外科手術を選択せざるをえなくなったりする場合があります。

こうした問題を克服するため、近年、さらに先進的な方法として開発されたのが「内視鏡的粘膜下層はく離術」です。

これは内視鏡的粘膜切除術と同様に、病変の粘膜下に液体を注入して、人工的に盛り上がりを作り出したのち、ワイヤーの代わりに高周波メスで粘膜を切開し、粘膜の下のはく離を進めていく方法です。

この方法が登場したことにより、大腸内視鏡でポリープやがんが切除できる患者が増えました。

内視鏡的粘膜下層はく離術は、胃の手術ではすでに保険適用となっていますが、大腸がんではまだ臨床研究の段階のはずです。

胃と違って狭い腸管である大腸で、遠隔操作により高周波メスを操作するのは、技術的に難しく、出血や穿孔なその合併症が起こりやすいからです。

手術が必要になった場合は、病院に問い合わせて、十分な説明を受けるようにしましょう。

>>誰にも知られずに大腸検査ができるキットはこちら

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする