その家の独特のにおいは、どうして付くのでしょうか。

家に染み付いてしまったにおいは、どうしましよう。

においには、さまざまな性質があります。

アロマテラピーで使う精油など、揮発性の高いにおいは、すぐに空気中に分散して消えていきます。

そのため、化粧品には、揮発しにくいヨノンという物質が使われています。

揮発しにくい消毒薬の原料であるオイゲノールは、残留しやすいにおいの代表格でもあります。

知らず知らずのうちに、取り扱い者の衣服や皮層に浸透し定着していきます。

職業臭のように、毎日接している香りは、知らないうちに壁に柱に家具に定着していき、その家独自のにおいとなります。

家族の生活習慣が染み付いたのが、家の独特のにおいなのです。

ペットを飼っている家は、そのペットのトイレのにおいや生き物独特の体臭などが、家のにおいとして染み付きます。

ヘビースモーカーの家がタバコ臭い、焼肉好きの家では、肉の脂が焦げた香りがいつもするように、じわりじわりと日々浸透しています。

換気をよくしていても、毎日のことですから、においと換気とは、消臭の果てしない戦いと言えます。

一方で、その家に暮らす人は、鼻がそのにおいに慣れてしまっているので、さっぱりわかりません。

訪問者がきて「何か臭いますね」と言われて初めて気付かされる、恥ずかしい事態を招きます。

これが、シックハウス症候群にみられる、ホルムアルデヒドやトルエンなどの揮発性有機化合物など危険な化学成分のにおいなら、危険度も高いですから気付きます。

さすがに「この家、卵が腐ったような温泉の硫黄のにおいがしますね」ということはないでしょう。

あったとしたら、かなり危険な状態です。

ペットやタバコや焼肉は、その家に住む人の大好きなものなので、気付きにくいという落とし穴があります。

こうした家は、まず換気を考えましょう。

そしてにおいの原因は、ペット(獣臭)、タバコ(煙)、焼肉(油煙)などです。

タバコを吸うときは外で吸う、焼肉や焼き魚などをするときは窓を開けて、換気扇を回す。

その上で消臭剤をフルに活用しましょう。

エアコンなどを利用して、においを付かないようにしましょう。

また、香りは、高温、高湿度条件下で強く香りますので、この逆の状況では抑えられます。

家ににおいが染み付いてしまった場合は、エアコンをドライに設定し、低温、低湿度に家の環境を整えてから訪問客を迎えると、においのトラブルを比較的抑えられるでしょう。

密閉された部屋への対応

しかし、北国の冬など密閉性が高い住環境だと、なかなか換気が難しい場合もあります。

北国でなくても、最近のマンションは気密性が高く、冬は同様の環境といえます。

すき間風がある家は、寒いけれども始終換気されていたので、においが外へ流れていたのです。

しかし、現代は、そのようなことは少ない環境です。

人工的な消臭剤が苦手だという人は、強い香りでマスキングする以外の香りを使う方法があります。

昔の日本では、香をたいて、訪問客を出迎えるという習慣がありました。

消臭剤の香りとはひと味違った、風流な演出と、しっとりと奥ゆかしい香りが、お客様にも喜ばれることでしょう。

人工的な香り、消臭剤でマスキングをする以外にも、精油(アロマオイル)を使うと、自然なやさしい香りがたちこめます。

テイーツリーオイルだと、蚊やダニなどへの防虫効果も期待できますね。

今は安全性の面から、火を使わない電気のアロマポットもあります。

精油のやさしい自然の香りも、幅広く受け入れられる香りです。

また、鉢植えのハーブもよい香りを産生します。

ペパーミントやカモミールなども育てやすくていい香りを漂わせてくれます。

自然に香るハーブの鉢植えを、あちこちに置くのも一つの手でしょう。

後は、脱臭効果のある備長炭はオブジェとしても成り立ちます。

玄関や居間にカゴに入れて飾る、または重曹などをガラスの器に入れて盛るなどすれば、さりげなくインテリア+脱臭という合わせ技も使えますね。

家の生活習慣が染み付いたにおいは、なかなかとるのは難しいのです。

意識して、においを付けないように配慮をすることが重要です。

人工的な消臭剤を使わなくても、いくつかワザを利かせて対処はできるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする