香りが持つ記憶の不思議な現象、食欲と香りの関係

においに関するエピソード記憶と意味記憶

「皮のにおい嗅ぐと、初めて野球のグローブを買ってもらったことを思いだす」と語ったタレントさんがいました。

彼が初めて父親に買ってもらったグローブ。

それほど裕福ではなかったときに、父親が子どものために無理して買ってくれた状況と、ずっとほしかったグローブを買ってもらった気持ちとが相乗して、強く脳に訴えかけたのです。

その当時では、この上なく感じられた幸せが、皮のにおいといっしょになって、記憶に定着しました。

においと強い感情がセットに記憶されると、非常に詳細にその状況を覚えていることが多いようです。

これは、誰もが一度は体験しているのではないでしょうか?

では、においが記憶のインプットに役立つかというと、まだメカニズムが解明されていないので、はっきりと断言はできません。

記憶の主なものには、エピソード記憶意味記憶があります。

「小学4年生の夏休みに北海道のおばあちゃんの家に行って、とうもろこしを食べたら、すごくおいしかった。」

「それからとうもろこしが好きになった」というような個人的体験に基づき記憶されるのが、エピソード記億です。

感情や体験をもとに物語のように記憶されるので、忘れにくいのがこの記憶です。

また意味記憶は、学習での暗記記憶です。

小学4年生では、数学で分数を習いました。

分数は分母と分子から成り立つ、などと記憶したと思います。

このような記憶が意味記憶で、とても忘れやすいのが特徴です。

そこで無味乾燥に暗記するのではなく、物語性をつけて覚える音記法が中学生になってからのエピソードです。

社会科の歴史で1192年鎌倉幕府設立を「いい国(1192年)つくろう鎌倉幕府」のように語呂合わせをした記億があると思います。

また「分数は、分母はお母さん、分子は子どもです。だから母親の上に子どもがいるです」のようにストーリーで覚えたという方もいるかも知れません。

意味記憶をエピソード記憶に置き換える作業で、学校でも取り入れられている暗記方法です。

それではどうして味覚ではなく、触覚や視覚でもなく、嗅覚がこのように強い「記憶の引き出し効果」を起こすのでしょうか?

その理由の1つとして考えられるのが、嗅覚は五感の中でも原始的な感覚だからではないか、という推測です。

視覚、触覚、味覚、聴覚は、全てそれぞれの目や肌や舌や耳を通じて得られた刺激が、脳の視床に集められ、それから、それぞれの脳の感覚分野へと運ばれます。

嗅覚の持つ特殊性

しかし、嗅覚だけはこの視床を通らず、ほぼダイレクトに脳へ刺激が直送されます。

ボクシングでもグローブというクッションなしで、ゲンコツをもらったら痛いですね。

このように直に伝わった刺激が嗅覚と考えたとき、脳に与える影響力が、ほかの五感と比較するとはるかに強いだろうと予測できます。

この記憶とにおいのしくみが科学的に解明されていたら、商品化して起業するチャンスでしょう。

年々国家資格の試験は難しくなる一方です。

合格の確率の低い試験に受かるために、受験生用の暗記フレーバーや学習用アロマはニーズが高いものと考えられます。

しかし、まだ現実には商品化されていません。

ここで、男性の方には朗報かもしれない実験結果があります。

ある番組で「娘の好きなにおいはお父さんのにおい?」という実験を試みました。

結果、10人中7人がいろいろなにおいがある中で、自分の父親の体臭がしみついたシャツを「いい香り」と申告したのです。

幼いころからかわいがって育ててもらった親への愛着から、慣れ親しんだ香りが好ましいという選択をさせたのでしょう。

フェロモンの謎を解く鍵も、もしかしてここに隠されているのかもしれません。

香りと食欲の関係はどうなっているのでしょうか?

味覚と喚覚は密接な関係性で結ばれています。

夏場に暑くて食欲が落ちている時でも、香ばしいスパイスのにおいがするカレーだったら、不思議と食べられたことはないでしょうか?

その証拠に、カレールーは夏場に売り上げが集中しています。

また、ふかふかの蒸しパンにチーズのにおいをわずかにつけると、急激に売り上げが伸びたという記録があります。

特に女性客層の売り上げが伸びたそうです。

鼻をつまむと、リンゴを食べてもジャガイモを食べても、味に変わりがなく感じてしまいます。

食べ物のにおいも、鼻から入って信号として脳に送られます。

においと同時に食欲をつかさどる神経が指令をだすことで、唾液腺から唾液が分泌され、においや見た目による記憶がよみがえり、レストランで料理を見たときに「おいしそう!」という感情がわき起こるのでしょう。

これについて、小学生にもわかるジュースの実験があります。

簡単にできるオレンジジュースの作り方です。

水道水に砂糖とオレンジフレーバー、少々のクエン酸を入れて、マドラーでくるくるかき混ぜるだけで、できあがります。

飲んでみるとまさにオレンジジュースそのものの味です。

こうしてそれぞれの構成成分ごとに分解すると、普段私たちは気付かないうちに嗅覚と味覚の両方で、食べ物や飲み物を味わっているということがよくわかります。

これに食感を組み合わせたのが、「プリンに醤油をかけるとウニになる」などの錯覚グルメです。

舌の上でとろける食感甘み旨味マグロの点では、若干ウニにおよびませんが、卵のコクと旨みをもつプリンに、塩味の醤油がみごとにウニの味覚組成を再現しているのです。

一見邪道に思える食の組み合わせが、その基本構造を再現しています。

ただ、ウニの磯くささの再現性についての判断は、微妙と言えそうです。

さて、味覚と表裏一体の嗅覚です。

これを逆手に取ればダイエットができそうです。

無臭なものを食べて雛も食欲増進するエッセンスのにおいが欠けるのですから、自然と食欲は落ちますよね。

ただ、唾液の分泌が低下して消化吸収も落ちそうで、健康維持の面からはあまりおすすめできません。

悪臭を嘆ぐことも食欲減退に貢献することから、カロリー摂取を抑えられそうです。

しかし、これは精神的にダメージが大きそうで、拒食症などの要因をつくりかねないので、やはり推薦はできませんよね。

あとは食のマジックで、カロリー減を目指して、塩味、脂肪分を抑えたい料理のときに利かせる小技としては、ハーブを多く使うことです。

香草の香りで、薄味でも脂肪分が少なくても、カロリーが低く少量でも満腹感を与えることができそうです。

ただし、かなり料理のウデが問われそうです。

また、カモミールや緑茶などのリラックス成分を含むお茶を飲んで、ダイエット中の空腹のイラつきを抑えるという手もあります。

どうしてもという場合には、食べ物の見た目の色を調理法で変えてみることや、食器の色を変えてみるなど色でくふうするのはどうでしょうか?

香りの中には近年、新たにやせる作用が研究成果として発表されたものがあります。

たとえばラズベリーの香り成分には、脂肪燃焼作用が高いといわれているカプサイシンの約3倍の脂肪燃識焼効果がある、というデータが発表されています。

またほかのメーカーからは、グレープフルーツの香りは副交感神経刺激で食欲を抑えるとか、コショウやほかのハーブには体内の中性脂肪を燃焼きせる働きがあることなどが発表されています。

どちらも体に塗るボディローションその他のスリミング商品などが発売されました。

その商品の効能に関してのデータは取られていないようなので、実際にどのくらいの効能があるのかは明らかではありません。

気になる方は、一度試してみてみるのも良いでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする