加齢臭、体臭、口臭、ワキガ臭の知ってて得するミニ知識(その1)

絶対嗅覚が存在するってホント?

絶対音感が存在するように、絶対嗅覚はあるのでしょうか?

残念ながら、臭いに絶対的な基準、絶対嗅覚は存在しません。

現在ではいろいろなロボットが開発されていますが、臭いを唄ぎ分けるロボットや機械はまだ開発されていません。

それに一番近いのが、ガスクロマトグラフィーですが、この機械の本来の役目は、物質に含まれる成分を分析することです。

その成分がどんな臭いがするかは、やはり人間の鼻に頼らなくてはならいのです。

男の方が体臭に鈍感ってホント?

解剖学的には、男女の鼻の構造、機能にはそんなに大きな違いはありません。

ですから、男の方が体臭に鈍感ということはありません。

しかし、テストしてみると、臭いに最も敏感なのは、20歳代の未婚の女性という結果が出ます。

この結果で考えなければならないのは、むれた靴下などの悪臭への反応が非常に高い点です。

特に女性は、きれいで清潔でなければならないという意識が高いわけです。

そのような傾向がだんだんエスカレートすると、自分の体カラダの臭いが臭い、人に迷惑をかけていると思い込んでノイローゼや過敏症になる場合もあります。

また、女性は日常的に化粧品を数多く使っているため、臭いに対して敏感になるよう訓練されている、ということも言えるでしょう。

もし、性別で臭いに対する感受性が異なるなら、ワインのソムリエや調香師といった香りの専門職には、男性か女性か、どちらかしかなれないとなってしまいますね。

未開人ほど体臭が強いってホント?

一般に体臭の臭う人は、「野蛮」といった偏見があるように思われます。1917年にエクリン腺とアポクリン腺を初めて区別したドイツの解剖学者、シーファーデッカーもそんな偏見を持った1人でした。

彼は人が進化するにつれて、アポクリン腺も退化すると考え、アポクリン腺が発達している人種ほど進化の程度が劣るとしました。

そして北欧ゲルマン系の男性が、最も進化していると主張したのです。

しかし、後の調査で、東洋人、特に日本人はアポクリン腺の発達が悪く、白人より進化しているという結果が出てしまったのです。

アポクリン腺の発達は、進化や野蛮度とは関係なく人種的なものに過ぎないと考えるべきことです。

なお、人類学的には、アポクリン腺の多いは、黒人、白人黄色人種の順となっていますが、これが人種的な優劣を表すことにはならないのです。

このことから、未開人がいつも体臭が強いとは限らないのです。

人間の嗅覚は、動物の中でも敏感な方に入るってホント?

香水の調香師、ウイスキーのブレンダー、ワインのソムリエなど、微妙な嗅覚で仕事をするプロフェッショナル達は、長年の厳しい鍛錬から、10万種類ものニオイを嗅ぎ分け、ガスクロマトグラフィーでも検出できない物質の存在を知ることもあります。

こういう実例を知ると、人間の嗅覚は素晴らしい、と思ってしまいますが、実は個人差が大きいのです。

全体として考えれば、嗅覚は鈍いほうに入ります。

また、疲労しやすいのも嗅覚の特徴です。

最初は、かすかな臭いが気になっても、ずっと同じにおいの環境にいると、そのうち感じなくなってしまいます。

これは、嗅覚が鈍り、順応してしまうからです。

また、臭いに対する反応は、その人の置かれている条件や環境、それと何よりもその人の精神状態が大きく関係してきます。

とは言うものの、臭いの快、不’快は一般的に次の4点から判断されると考えられています。

①質:臭いの種類
②強度:臭いの強さ
③容認性:好みの臭いであるかどうか。
④広範性:どれほどの広さでにおっているか。

良い臭いか、嫌な臭いかは、この4つの基準に照らし合わせて判断されますが、快、不快の境目は、個人によって異なり、一様にその線引きができるというものではありません。

それがにおいを扱う場合の、難しさでもあるのです。

ワキガ臭にはリンゴが効くってホント?

最近、体内で「アポタンパク」という物質の生成を抑えれば、ワキガ臭を防ぐことができるという報告が注目を集めました。

このアポタンパクを減らす働きを持っているのが、リンゴの繊維質と言われています。

また、リンゴの繊維質は、加齢臭の原因の1つである動脈硬化を改善する働きを合わせ持っています。

ワキガ体質の人にお勧めなのが、リンゴ湿布です。リンゴ1個を擦り下ろし、ガーゼで絞り、繊維質を脇の下に当てるという湿布法です。

ただし、擦り下ろしたリンゴは、傷みやすいので、その都度リンゴを擦り下ろした方がいいでしょう。

黙っていると口臭が強くなるってホント?

適度なお喋りは、唾液の出をよくするとともに、円滑な人間関係を作り、ストレスを軽くする心理的な効果の2つの利点があります。

ずっと黙って口を閉じていると、眠っているときと同じように唾液の分泌が低下して、雑菌が繁殖しやすくなり、どんどんにおいが増していきます。

長時間黙っていた後に、誰かに話しかけられると、「自分の口は、臭いかもしれない」と引っ込んでいては、さらに黙っている時間が伸びて、結局口臭が増すばかり・・・という悪循環になってしまいます。

上下の歯をカチカチ噛み合せたり、口の中で舌をぐるぐる回したり、「パピプペポ」の発音を繰り返すなどのお口の体操で、唾液の分泌を促進することで、口臭を予防できます。

よい汗と悪い汗があるってホント?

よい汗は、さらさらして、蒸発しやすく、体温調節もスムーズにいきます。

しかし、悪い汗はべたべたして乾きにくいです。

この違いは、悪い汗では汗を出すエクリン腺の機能が十分に働かないところから来ています。

体温が上昇すると、血液から水分とミネラル分が汗腺に取り込まれます。

この時に体に必要なミネラル分は、血液に再吸収され、水分とわずかな塩分がよい汗として体外に排出されます。

しかし、汗腺の機能が鈍っていると、このミネラル分の再吸収がうまくいかず、ミネラル分を含んだ、べたべたした汗が出てしまいます。

肉中心の食生活、生活環境、人間関係のストレス、運動不足、エアコン完備の環境など、こういった条件が、現代人のかく汗を悪い汗にしているのです。

汗を拭くには、濡れたタオルの方がいいってホント?

汗を拭く場合には、乾いたハンカチを使うことが多いですが、におい止を考えるのであれば、固く絞った濡れたタオルがベターです。

乾いたハンカチやタオルでは、汗の成分のうち、水分だけを吸収して、その他のにおいの原因となる成分を皮層に残すことが多く、それが雑菌の繁殖を招き、においを強くしてしまいます。

また、濡れタオルの方が、肌のべたつきが取れてさっぱりし、これにアロマローションやレモン水を使うと、さらにすっきりするはずです。

飲む水の量を減らすと、汗も減るってホント?

通常の健康状態では、大量の水を飲んでも、それは汗としてではなく、尿として排出されることが多く、汗の量はそれほど増えません。

しかし、水ではなく、ミネラルや塩分を含むスポーツ飲料などを多量に飲むと、血液中の塩分濃度が高くなって、むしろ汗が減ることがあります。

ただし、緊張したり驚いたりした時に出る精神的発汗の場合は、どんなに水分を減らしても、汗の量は減らないのです。

一時的に汗を止める方法があるってホント?

仕事の面談の場などで、汗をふきながら話すというのもみっともないし、汗のにおいも気になります。

そんな時に役立つ、一時的に汗を抑える方法があります。

人間の体は、ある部分が圧迫されると汗が蒸発しにくくなるため、発汗量が減っていきます。

体全体の発汗量は、一定に保とうとする機能も働くため、減った分、他のところで汗をかくようになります。

顔や頭の汗を抑えたければ、両方のバストの上5センチくらいの場所を両手でぎゅっとつねれるか、親指で強く圧迫します。

すると刺激した部分より、体の上部の発汗が一時的に止まります。

つねったり圧迫するのが難しければ、ブラジャーのホックをきつくしたり、和服なら帯紐ひもを胸の上できつく絞めてもいいでしょう。

また、下半身の汗を止めたければ、左右の腰のあたりをぎゅっとつれることで、-時的に汗を抑えることができます。

デオドラント剤は、実はカラダに悪いってホント?

現在市販されているデオドラント剤の機能は、約5種類に分かれています。

①できるだけ汗を抑える。
②菌の繁殖を抑える
③発生したニオイを消臭、脱臭する。
④良い香りでマスキングする。
⑤かいた汗を吸収し、拭き取る。

こういった作用を組み合わせて、製品化されているが、どこに目的を置くかによってその選び方が変わってきます。

ワキガでは無いですが、脇の汗や汗くささを抑えたければ、さっぱりしたサラサラ感のあるスプレータイプ、パウダータイプがお勧めです。

急な発汗には拭き取りシートタイプ、多汗からくるにおいは、制汗作用の強いものを選ぶようにしましょう。

抗菌作用が強く、皮層に直接塗るロールオンタイプ、スティックタイプ、クリームタイプの方がワキガ臭には効き目があります。

また、ワキガ臭とデオドラント剤の香料が混ざると、嫌なにおいとなる場合もあるので、無臭、無香料のものを選ぶことも大切です。

皮層が敏感な人は、トラブルになる場合もあるので、短時間、部分的な使用にとどめ、必要の無い時は、濡れタオルなどできちんと拭き取れば大丈夫です。

以上のことから、デオドランド剤が体に悪いということはありません。

>>クリアネオボディーソープ、クリームが、加齢臭、体臭、汗臭対策の話題になっています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする