加齢臭、体臭、口臭、ワキガ臭の知ってて得するミニ知識(その2)

汗腺は、トレーニングで改善できるってホント?

スポーツやサウナで大量の汗をかくのは、とてもいい訓練ですが、毎日続けるのは大変です。

もっと簡単で効率よく汗腺を鍛えるのは、日々の入浴によるトレーニング方法があります。

①高温で手足浴。
湯船の3分の1から半分に、43、44度くらいの熱めのお湯を満たして、膝下と肘から先を10~15分ほどつけます。手足には、汗腺はあっても機能しない「寝たきり汗腺」が多いので、ここを集中的に暖め、汗腺機能を鍛えるのです。

②微温で半身浴と全身浴。
湯船に水かぬるま湯を足して、36度くらいにし、再び10~15分ほどつかります。高温のお湯で高まった交感神経を鎮め、リラックスさせるためです。また湯船にコップ一杯分のお酢を入れても効果的です。風呂上がりの水分補給には、リンゴ酢、黒酢、クエン酸ドリンクも効果的です。

③自然に乾燥させます。
お風呂から上がったら、自然に汗が蒸発しきるまで衣服を着ないことです。くつろぎながら、擦り下ろしたショウガにハチミツを加えお湯で溶いたショウガドリンクなどで水分補給すると、さらに汗腺機能がアップします。

これらの訓練を1~2週間続けると、日を追うごとに汗腺機能が高まり、気持ちのよい汗をかくことができるようになります。

また、自律神経の働きもよくなり、体の抵抗力も付いてきます。

このように、汗腺は、自分でトレーニング、訓練して改善できるものなのです。

薬用風呂は、体にいいってホント?

薬用風呂は手軽にリラックスしながら、体臭ケアができる優れものです。

おおげさに考えず、手軽に試してみましょう。

最初にコップ一杯の酢を入れたお風呂です。

酢に含まれるクエンが汗腺に吸収されると、アンモニアと乳酸の生成が抑えられ、汗のにおいを解消できます。

発汗を促す作用もあるので、汗腺の機能も回復します。

竹酢液、木酢液ならより効果が期待できます。

脱臭効果のあるフラポノイドと、脂肪分解酵素がたっぷり含まれた雲南茶を入れた漢方茶風呂。殺菌、防腐作用のある熊笹を入れた熊笹風呂は、西日本の伝統的な薬用風呂です。

水辺に群生するイネ科の植物、マコモの粉末を入れたマコモ風呂も、中に含まれた微生物が清潔で健康な皮層を保つ働きをします。

米ぬかなどを入れる酵素風呂は、体の脂肪分を分解し、血液の循環を促進し、新陳代謝を良くします。

薬用風呂は、全身のにおいをゆったりした気分でケアできる絶好の機会と思います。

朝シャンすると、髪が臭うようになるってホント?

髪のにおいは、外からにおい物質が付着したことが原因です。

髪の毛ににおいが付くのは、洗い方やその後の乾かし方に問題があります。

すっかり定着した朝シャンですが、これも十分に乾ききらない髪に、排気ガスやタバコのにおいなどが付きやすいからです。

におい対策から考えると、朝や昼間の洗髪は避けたほうが賢明だといえます。

都会人のほうが汗臭いってホント?

大気中の二酸化炭素濃度が、人間の体に生理的な影響を与えています。

都会の自動車の排ガスなどで上昇する二酸化炭素を吸い込むと、人間の体内では酵素の働きで、重炭素イオンが増加していると言われています。

人間のPH値を決めるのは、二酸化炭素と重炭酸イオンの濃度です。

二酸化炭素が増えれば酸性に、重炭酸イオンが増えればアルカリ性に傾きます。

汗と一緒に重炭酸イオンが排出されれば、皮膚表面はアルカリ性に傾き、皮膚常在菌の繁殖が活発になり、汗のにおいが一層強くなります。

二酸化炭素濃度の高い環境に暮らす都会人のほうが、空気のきれいな田舎暮しの人と比べて、より汗が臭うとも言えるのです。

昼寝の時にかく汗は、悪い汗ってホント?

眠っている時には、起きているとき以上に汗をかきます。

睡眠中に最も汗をかきやすいのは、深睡眠(ノンレム睡眠)の時です。

汗腺機能の調整が行なわれ、必要であれば、発汗が促されるのです。

昼であってもぐっすり眠ると体ダ全体がすっきりするのは、眠っている間に体内機能を調節するからです。

発汗によって余分な熱を放出したおかげで、適切な体温で目覚めることができます。

ただし、昼寝には、外気温度との差を5度以内に留め、自然な体温調節を妨げないようにするなど、眠る環境を快適にするといった注意も必要です。

ですから一概に、昼寝の時の汗は、悪い汗とは言えないのです。

ヨーグルトは、体臭を減らすってホント?

腸の中には、100種類を超える常在菌が住みついています。

この中には、消化吸収を助け、免疫力を高める善玉菌、有毒物質を作りだす悪玉菌、食事や体調によって良くも悪くも作用する日和見菌の3種類があります。

このバランスがくずれると、悪玉菌が増え、日和見菌も悪玉化し、体臭を強くしてしまいます。

体臭を防ぐためには、ヨーグルトを食べて、善玉菌を少しずつ増やしていくことが大切になります。

加齢臭は、治せないってホント?

加齢臭の強い弱いは、その人にかかっているストレスの強さが大きさが大きく影響しています。

ストレスが強ければ体内で発生する活性酸素の質が増え、加齢臭の元凶物質、ノネナールを発生させてしまいます。

まず、最初にノネナールを作り出す元となる、肉類、マヨネーズ、バターといった動物性脂肪の摂取を減らすことです。

次に、活性酸素減らすビタミンCやEを野菜や果物から十分に摂取します。

そして、活性酸素でダメージを受けた細胞を再生する抗酸化物質を多く摂取します。

抗酸化物質の代表的なものとして、緑茶のカテキン、ゴマのセサミノール、赤ワインのポリフェノール、大豆のイソフラボンなどがあります。

このように日常的な食事の中に、加齢臭予防に効く食べ物が含まれているのがわかれば、何とかなりそうな気がしますよね。

ですから、加齢臭を治せないということはありません。

もちろん、オヤジ臭い、オバサン臭い生活態度を改めることも重要です。

お茶、梅干しは体臭、口臭を防ぐってホント?

口臭予防の決定版は、梅干しです。

唾液を分泌するのは、梅干しに勝るものはないでしょう。

また、梅干しに含まれるクエン酸が口の中を見事に殺菌します。

忙しい時でも、お茶と梅干しで口臭ケアができるのです。

これは、手頃でいつでも使える先人の知恵ですね。

お茶、梅干しは、殺菌作用のおかげで体臭、口臭を防ぐことができる優れものです。

濃厚なココアは、体臭を強くするってホント?

コーヒーは口の中を酸性化し、口臭を強くするのに比べて、ココアには、便や体臭の消臭効果があることが、医療や介護の現場では経験的に知られています。

何人かの看護師の人達からの報告を見ると、どうやらココアには臭気を抑制する効果があるようです。

ココアは、カカオの実を炒って胚芽を取って、残った胚乳の部分を粉末にしたものです。

この胚乳は、髙たんぱく、高脂肪食品で、ビタミンA、B群、Eなどミネラルが豊富ですが、一番の特徴は、食物繊維のリグニンが豊富に含まれているといおことです。

ココアはミネラルが豊富ですが、何と言っても重要なことは、食物繊維のリグニンが豊富に含まれていることです。

ココアの濃厚な味はこの食物繊維、リグニンによるものです。

リグニンの作用は、腸内で善玉菌を活性化させ、腸のぜん動を盛んにし、腸内でのにおい物質の発生を抑えます。

またニオイ物質をリグニンが吸収し、便として排出してしまいます。

さらに腸と肝臓の循環を活性化し、におい成分を分解します。

体臭を予防するには、毎日手軽な習慣として出来ることが一番長続きし、効果も確実です。

毎日、何杯かのココアを飲むことで、体臭を防げるのはうれしいことですね。

濃厚なココアは、体臭を減らすことに貢献しているのです。

足が臭い人は、やさしい人が多いってホント?

足の裏は汗腺が集中し、人体の中でも汗をかきやすいところです。

人は、1日にコップー杯分の汗をかくと言われています。

それも、日常的に靴下や靴に覆われて、密閉状態にあるので、はがれた皮層の角質層を栄養にして常在菌が活躍できる絶好の環境にあります。

しかし、水虫もなく、清潔にしているにもかかわらず、足が臭う人がいます。

これは、ストレスから来る発汗から足のにおいを強くしていることが考えられます。

仕事のストレス、あるいは自分の足のにおいが周りに迷惑をかけているのでないかと気遣いする細やかな神経が、ストレスになってしまうのです。

「足のにおいに悩む人は、やさしい人が多い」というのは、自分の足のにおいを気にするあまり、さらに足に汗をかいてしまうという、心優しいゆえの悪循環に陥ってしまうからです。

残念なことに、ワキガ治療とは異なり、足の多汗を直す完全な治療法は今のところ、無いようです。

においに敏感なままだと、人類は絶滅していたってホント?

人間は、嗅覚が他の動物に比べて劣っています。

それは、視覚を中心にして人類が進化してきたということもありますが、もし人間が嗅覚に敏感なままだったら、おそらく絶滅していただろうという学説があります。

これはタスマニア大学のストダート博士の説です。

人類がまだアフリカの森林地帯に住んでいた頃は、1人の男性を中心に1、あるいは数人の女性が、それぞれ子供を引き連れて生活していたと考えられています。

この時期、女性は発情期になるとフェロモンを発散し、男性を引き付けて子供を産み、群れを維持していたと考えられています。

しかし、だんだんと大型の動物を狩るようになると、1家族では手に負えず、いくつかの家族が集団を作って、一緒に行動するように生活形態が変わっていきます。

しかし、このような中で、発情期の女性のフェロモンに、男性が敏感な嗅覚を持っていると、集団の秩序は維持できず、集団そのものが崩壊してしまいます。

こうして人類は、ある種の淘汰を繰り返しながら、嗅覚に敏感ではないグループが生き残り、発情期のフェロモン分泌も少なくなったというのです。

また、人類が頭脳と手先の器用さを発揮するようになると、嗅覚を用いて食べ物を発見する必要も無くなっていきました。

人間の嗅覚が退化していったのは、進化における必然であったという説なのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする