オリーブオイルやマグネシウムで腸の活動を活発にしましょう。

オリーブオイルは、消化管作動性物質

オリーブオイルは、そもそも脂質であるので、摂りすぎは大腸がんのリスクを高めるという疑問が生じます。

しかし、同じ脂質でも、大腸がんに悪い影響を及ぼすものとそうでないものがあります。

一般に油は酸化しやすいのですが、オリーブオイルには、ポリフェノールなどの抗酸化物質が豊富に含まれているため、酸化しにくい油です。

こうした特性が、がんの予防に有効に働くと考えられています。

この脂質と反対の脂質が動物性の脂質です。

赤身肉や牛乳そしてサラダ油に多く含まれるリノール酸があります。

リノール酸は必須脂肪酸の代表です。

必須脂肪酸は人間の体では合成することができないため、食べ物から摂る必要がある脂肪酸です。

しかし、摂りすぎると動脈硬化の発症につながる恐れがあります。

また、リノール酸は、空気に触れると酸化されやすい脂肪酸です。

酸化した食品を摂ると体内の活性酸素が増え、細胞に悪影響をおよぼします。

このリノール酸をオリーブオイルに変えることにより、大腸の働きが変化してきます。

また、オリーブオイルには、オレイン酸による「悪玉」コレステロールであるLDLコレステロールを低下させる作用や、「善玉」コレステロールでのHDLコレステロールを維持又は上昇させる作用などがあり、「動脈硬化」にも効果があるとされています。

オリーブオイルの摂取方法

アメリカでは、日本の厚生労働省にあたる米国食品医薬品局が、「毎日、スプーン2杯」のオリーブオイルをとることを勧めています。

オリーブオイルのほかには、「植物コレステロール」が配合された食用油(米油、ごま油、なたね油)もおすすめです。

植物コレステロールを多くとった人たちで大腸がんの発生率を低下させ、進行を遅らせる働きがあることが研究されています。

エキストラバージン・オリーブオイルを料理に活用しましょう。

オリーブオイルを直接摂取する場合は、品質の良い「エキストラ・バージン・オイル」がおすすめです。

オリーブオイルには、熱処理など精製処理の加えられていない「バージン・オリーブオイル」と、精製処理された「精製オリーブオイル」があります。

エキストラ・バージン・オリーブオイルは、バージン・オイルの中でももっとも品質の高いものです。

オリーブオイルはとる時間帯は朝が良好です。

オリーブオイルは、朝食後に摂取することが理想です。

朝食後は、一日のうちで腸のぜんどう運動が最も活発になる時間帯になり、ここで腸を動かすオリーブオイルをとることが腸の健康を守ることができます。

マグネシウムの腸管活発作用

マグネシウムはミネラルの一種で、腸管の働きをよくする作用があることが知られています。

その他にも「体温や血圧を調整する」、「筋肉の緊張をゆるめる」、「細胞のエネルギー蓄積・消費を助ける」など、生活活動を維持する酵素として、300以上の働きがあります。

体が酸化マグネシウムを摂取し、腸管から吸収されると、このうちの40~50%は吸収されずに残ります。

大腸は、水分を吸収する役目を担っていますが、この残ったマグネシウムは大腸から水分の吸収を阻害するため、腸の水分は普段よりも多くなり、便の水分が多くなって便が軟らかくなるという仕組みです。

マグネシウムを多く含む食品

マグネシウムは、日常の食品から十分吸収できます。

マグネシウムが豊富な食材には、ひじき、落花生、昆布、玄米、納豆、カキ、カツオ、ほうれん草、干し柿、さつまいもなどがあります。

その中でひじきは、マグネシウム含有量が他の食材の倍以上あるのでおすすめです。

マグネシウムの摂取量

マグネシウムは、甘いものの食べ過ぎや、運動などによる発汗、ストレスで消費されやすいため、腸の健康だけではなく、全身の健康のためにも必要だと言えます。

厚生労働省が、推奨するマグネシウムの摂取量は、一日あたり100㎎が上限とされています。

ひじき100グラムでも、マグネシウム含有量は620㎎なので、普通の量であれば、100㎎を超えることはないでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする