サプリメントで体臭は変えられるのでしょうか?

サプリメントを摂取すると特有のにおいを消すことができる?

そのサプリメント(以下、サプリ)を摂ると体からバラの香りがするといことで話題になっています。

芳香体質に変化するわけではなく、食べたものが体から発せられるという理論で製造。

ヒットし続けている商品ですから、なんらかの効果があるのでしょう。

しかし、体内作用機序と体外での芳香確認の両実験データを見たことがないので、何とも言えません。

食べたものが香るには体内で消化します。

分解されない性質をもつこと、発汗されるには分子量が小さいことが挙げられます。

消臭サプリメントの使用例

緑茶や野菜、果物、ビタミンなどを発酵させてできる消臭サプリは、介護病院でも使われています。

そこはかとなくにおう、すえたにおいや老人臭、口臭など、清潔にして消臭サプリを飲むことでにおいがやわらぎ、家族の訪問が多くなった事例があります。

これは、抗酸化物質を豊富に含むことで体内の酸化を抑えることが1つ。

また、たくさんの酵素が腸内環境を整え、腸内で悪玉に便臭は必要だと、飲む消臭剤に否定的な医療関係者もまだいます。

しかし、介護される側の患者にとっても、自分がにおわないという自信がつくため、心の負担にならずに介護を受けられるというメリットもあります。

被介護者のQOL(Quality of Life)を考えたときに、消臭サプリメントを使用するかどうかの選択は、本人に任せてみるのもよいのではないでしょうか?

体臭を変えることができるサプリメント

このサプリメントの場合、患者の腸内環境を整えることと、抗酸化力が強いことが、消臭に貢献していると思われます。

そのほかに、シャンピニオンエキスなど飲む消臭サプリメントがあります。

これは、腸内環境を整えるものです。

ワキガなどの体臭を劇的に変化させるものではないことを理解して使用しましょう。

上記の2つは、あくまでも便臭やおなら臭などにターゲットをあてて開発されたサプリメントです。

まったく関係ないとはいえませんが、すぐにわかるほど体臭が変化するわけではありません。

いい香りを体から香らせたいとしたら、体を酸化させない果物識や野菜を食べてみましよう。

あとは、便秘などで体内に腐敗臭をこもらせないように運動をしましょう。

そして、いやな体臭のもとになる、体を酸化させるアルコールやタバコは控えましょう。

二日酔いの全身からは、アルコール臭がにおいますよね。

タバコはもちろんにおいます。

ビタミン臭についてほかに、投薬などを受けている疾病をもつ方は、それらのにおいがする場合があります。

例えばビタミンB群を飲むと、その特有の化学薬品のにおいが微妙に、特に尿から発せられます。

しかし、そのにおいは長く続きません。

水溶性なのですぐに尿となって排出されます。

ここで勘違いしそうなのが、赤ワインポリフエノールです。

アルコール臭がするのではないかという心配です。

しかし、その心配は無用です。

こうしたサプリを作る時には、アルコールをあらかじめ除去しています。

または、有効成分のみを取りだしているので、サプリメントでアルコールがにおうことは無いでしょう。

また病気にかかり、その病気特有の香りが漂うことがあります。

遺伝的な酵素欠陥のため、アミノ酸の1種であるフェニルアラニンが分解でない病気、フェニルケトン尿症の子ども郷からはアーモンドの様のにおいがします。

そして中世ヨーロッパにはやったペストは、「やわらかいリンゴ」のにおいといわれます。

また、糖尿病にはほのかな甘い香りがあります。

もし自分や他人から甘い香りがしたら、これらの疾病を疑ってみましょう。

あるキャンディを食べると加齢臭が減少する本当なのでしょうか?

「ふわりんか」というガムについて、この画期的な商品には、科学的根拠があります。

ただ体臭が劇的に変化するというわけではなく、変わっても「ほのかに」、と言うものです。

アイデアのもとになったのは、ニンニクを食べると体からニンニク臭がすること。

このとき香るのが悪臭ではなく芳香なら、人工的に芳香体質ができるのでは?

こうした仮説をもとに、研究が始まりました。

ポイントは大きく分けて2つです。

香りの選定と分子量です。

そして、その芳香効果の確認です。

まず、香りの選定に入ります。

香り分子がアルコールなどの体に悪いものではなければ、肝臓で分解されずにそのまま代謝されます。

ニンニクのアリシンがその最たる例です。

また、アンモニアやアセトアルデヒドのような分子が小さいものなら、毛穴から汗とともに排出が可能なはずです。

この2点からスタートし、バニラの香りとバラの香りの2種を選択しました。

そしてガムの開発に至ります。

空気中に分散する体臭

空気中に分散してしまう体臭の測定方法について、本当に体から香るのかを確認をしなくてはいけません。

まず、分散してしまう汗を集めるために、食べる前から手にビニール袋をします。

その後、ガムを食べて汗をかきます。

その数時間後に、ビニール袋中の空気ごとガスクロマトグラフィーにかけて、その汗においの中に、香りの存在を確かめました。

このような方法で、実際に香るガムを食べて計測したところ、存在が認められ、商品化に至ったのでした。

当初の販売目標では、4億円という数字をかかげていましたが、時代のニーズにマッチし、発売半年で10億円の売り上げ達成となります。

しかし、ブームはそれだけに終わりませんでした。

問い合わせが多く寄せられたのが、購買層の対象だった20~50歳代の女性以外の、40~50歳代の加齢臭に悩む男性が多かったのです。

これにより、同社では加齢臭に悩む男性のニーズにかぶる「ちょい悪」コンセプトを軸に、男性用香りガムを開発しました。

発売後、生産が追いつかなくて一時発売を中止するまでのブームとなりました。

劇的に体臭の変化を望む男性は、少し肩透かしを食らったようですが、個人差もあるようで、体感された方からのニーズに支えられ、第2弾の販売となりました。

体臭が気になるあなたはもう試してみましたか?

>>ふわりんかソフトキャンディ ビューティーローズ(32g*10コ)【ふわりんか】

>>体の中からにおいを抑えるサプリメント「臭ピタッ!」(シュウーピタ)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする